カーリースに関する基礎知識

【個人向け】軽自動車をリースする際の4つのポイント

更新日:




個人向けカーリースで軽自動車をリースする際の4つのポイントを紹介していきたいと思います。

最近では若者の車離れが進んでいるといわれていますが、それはあくまで都市部での話であってそこから少し離れたら車のない生活は考えられないというところも多いです。

一家に2台車がある家庭も少なくないと思いますし、用途によって使い分けている方も多いでしょう。

よく耳にするのは2台目の車で奥さんが買い物や送り迎えなどに利用するために必要だという話ですが、もちろんそれ以外で必要になることもあるでしょう。

以前は2台目を購入するのが当たり前でしたが、今ではカーリースという選択をする人も増えてきています。

リースを利用する場合は次の4つの点を抑えておく必要があります。

  • 契約期間
  • 走行距離
  • リース料金
  • メンテナンスの有無

契約期間

カーリースは長期契約が基本となっており一度契約すると途中で解約することができないようになっています。

どうしても解約する場合は違約金が発生してしまい大きく損をすることになります。

そのため契約する前にどのくらいの期間車が必要になるのかをきちんと考えておく必要があります。

契約期間は3年~9年で車検ごとに区切られているところが多いですが、1年~11年で1年区切りで契約できるところもあります(マイカー賃貸カルモ)。

軽自動車をリースしようと思っている方は家庭用に長く使いたいと思っている方が多いと思いますが、先の見通しが立っていない場合は契約期間を短くしておいた方がいいかもしれませんね。

走行距離

車を購入した場合は自由に使用することができるため気にすることもありませんが、カーリースでは1か月ごと、あるいは1年ごとに走れる距離が決まっています。

これは契約満了時に車の状態を一定にするための処置だと考えられます。

業者によって設定されている走行距離も大きく違うため、目的に合わせて走行距離を選択するといいでしょう。

ただし走行距離を自分で変更できるところもあればすでに決まっているところもあるので注意が必要です。

例えばオリックス自動車だと一律月2000kmまでとなっていますし、コスモスマートビークルだと月500km、1000km、1500kmと変更できるようになっています。

買い物などに使う程度だと月500kmで充分だと思われますが、車種によってはコスモの500kmよりもオリックスの方が安くなることもあります。

そのためまずはリース料金を比べてみたほうがいいかもしれませんね。

リース料金

当然ですが車種によってリース料金は異なります。

軽自動車というくくりだと車検や税金費用は変わらないのでリース料金に影響するのは車の本体価格となります。

そのため本体価格が安い軽自動車ほどリース料金も安くなります。

少しでも月々の負担を少なくしたいなら本体代金が安い車を選んだ方がいいでしょう。

価格だけで見るならダイハツのミライースやスズキのアルトあたりが安くなっています。

もちろんリース料金にも反映されているため月々の負担を減らしたいと思っているならこのあたりの車種を選ぶといいでしょう。

メンテナンスの有無

リースを利用すると業者によって最初からメンテナンスがついているところもあればオプションで選ぶところもあります。

メンテナンスの内容は大きく分けて次の3種類になります。

  • すべて自分で行う(費用も自己負担)
  • 車検や整備をお任せ(消耗品は自己負担)
  • 車検や整備に加えて消耗品までサポート

下に行くほどメンテナンスの内容が充実していますが、当然その分料金も高くなります。

どれがいいかは人それぞれですが5年程度なら真ん中のメンテナンスプランでも十分だと思います。

5年以上の契約なら消耗品などの細かい部分にもガタが来はじめるので一番下の消耗品まで交換してくれるプランの方がいいかもしれませんね。

ただし業者によって用意されているメンテナンスプランは異なるため契約の前にどこまでサポートしてくれるのかしっかり確認しておきましょう。

おすすめの業者は?

軽自動車をリースする際のおすすめの業者を紹介していきたいと思います。

オリックス自動車

オリックスは1990年ごろから個人向けカーリースの提供を始めた老舗リース会社です。

シェアでもNo.1を獲得しており、法人向けも合わせると約30%ほどのシェアを獲得しています。

契約プランには以下のような特徴があります。

  • 契約期間:5年、7年、9年
  • 走行距離:月2000km固定
  • リース料金:安い
  • メンテナンス:自動付与(消耗品の交換は自己負担)

車種によっては特選車に選ばれていることもあり、他社よりもお得にリースできることがあります。

業者選びに迷ったらまずはオリックスを調べてみるといいでしょう。

コスモスマートビークル

2011年からサービスの提供を開始した中堅組ですが、すでに5万件以上の契約を獲得しています。

CMも頻繁に放送されているため目にしたことがある方も多いでしょう。

契約プランには以下のような特徴があります。

  • 契約期間:3年、5年、7年
  • 走行距離:月500km、1000km、1500kmから選択
  • リース料金:標準
  • メンテナンス:3つのパックから選択

オリックスに比べると契約プランの選択の幅が広くなっています。

自由にカスタマイズできるという反面いろいろ調整試合といけないので面倒だと思う方もいるでしょう。

契約プランや車種によってはオリックスよりも安く利用できることがあるので比較してみることをお勧めします。

まとめ

軽自動車をリースする場合は契約期間、走行距離、リース料金、メンテナンスの4つのポイントをしっかりと抑えておく必要があります。

付け加えると契約満了時に車がもらえるのか、あるいは買取ができるのかなどをチェックしておくといいでしょう。

使用する目的やライフスタイルによって最適なプランは変わるので、自分に合ったプランを提供しているのがどの業者なのかを見極めることが重要です。

業者選びに困ったら当サイトで紹介している業者を選べば間違いはないので、とりあえず比較してみることをお勧めします。

全国展開しているおすすめ業者

オリックス自動車

カーリースのシェアNo.1の大手リース会社!全メーカー・全車種に対応しており、個人でも法人でも自由に車を選ぶことができます。残価設定がないためシンプルでわかりやすく、契約満了時には車をもらうこともできるようになっています。楽天の公式ショップから利用することで特別な特典を受けることもできるようになっています。カーリースを検討しているなら必ずチェックしておきましょう。

コスモスマートビークル

コスモ石油が提供するカーリースサービス「スマートビークル」!コスモ石油が徹底サポートしてくれるため車のことがよく分からない女性の方やシニアの方に特に人気があります。全メーカー・全車種に対応しているため希望の車が必ず見つかります。さらに業界初!ガソリン代最大5円/リットル割引サービスも実施中。

マイカー賃貸カルモ

カルモはオリックス自動車と提携しているため全国どこでも利用することができるようになっています。スマホから申し込みができる手軽さがあり、カーリースには珍しく1年~11年まで好きな期間で契約することができます。新車に乗りたいけど契約期間は短くしたいという方におすすめのカーリースです。

-カーリースに関する基礎知識
-, ,

Copyright© カーリースのメリットとデメリットから知る裏事情 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.