カーリースに関する基礎知識

自家用車のリースにはデメリットしかないの?メリットを教えて

更新日:




自家用車のリースにはデメリットしかないのでしょうか?

カーリースについて少し調べたことがある人ならわかると思いますが、多くのサイトでカーリースにはデメリットしかないと主張しています。

デメリットについては後述しますが、本当にデメリットしかないならここまでサービスが広がることはないと思いませんか?

個人向けカーリースは2018年には25万件の契約数があり、2022年には93万件まで増えるといわれています。

ここまで利用者が増えるには当然それに見合ったメリットがあるからです。

ではちまたで言われているデメリットにはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

自家用車をリースするデメリット

カーリースのデメリットには次のようなことがあるといわれています。

支払総額が高くなる

カーリースではリース料金の中に車両代金や税金、自賠責保険などいろいろなものが含まれています。

すべてまとめて支払えるという手軽さもありますがリースには当然金利も発生します。

ローンでは車両代金にだけ金利がかかりますが、カーリースではリース料金に含まれているものすべてに金利が発生するためローンよりも割高になりやすいといわれています。

当然一括購入よりも支払総額は高くなりますし、車両代金が高いほど、またリース期間が長くなるほど金利も高くなります。

そのため金額的に見るとリースは圧倒的にデメリットが大きいです。

走行距離に制限がある

リース車両は返却時の状態を一定に保つために走行距離に制限が設けられています。

だいたい500kmか1000kmに設定されており、まれに2000kmまで走れるところもあります。

普段からあまり走らない人なら関係ありませんが、とにかくドライブを楽しみたいという方にはあまり向いていないかもしれませんね。

原状回復の義務がある(改造できない)

リース車両は返却してもらった後に中古車として販売に出すところがほとんどです。

そのため中古車として販売する際に価値が下がるような改造がされている場合は減点対象となり、返却時に元に戻す必要があります。

あるいは元に戻すための代金を請求されることになります。

自分で好きに車をいじりたいと思っている方にはこの点もデメリットになりますね。

契約満了時に精算しなければならない時がある

契約プランによっては契約時に設定した残価と実際の価値に差が出てしまった時に精算をしなければいけないことがあります。

これは残価リスクとも呼ばれており、車に傷がへこみがある場合あもちろんのこと車内の汚れが目立ったり臭いがある場合にも価値が落ちやすいです。

残価リスクがあるのはオープンエンドで契約した場合のみになりますが、この契約形態で満了後に車が買い取れるかどうかが変わってきたりするので、契約する前にしっかりと理解しておく必要があるでしょう。

自家用車をリースするメリット

多くのデメリットがありますがリースにもメリットがあるはずです。

細かく上げればいくつかありますが、一番大きなメリットは負担が分散される点です。

車を購入する場合は一括にしろローンにしろまとまった資金が必要になり、車検や整備などで一定期間ごとにまとまった資金が必要になります。

それに対してカーリースは契約した月から満了時までずっと負担が同じなので経済的にとても楽になります。

もちろん一定の収入があることが前提ですが、購入するのに200万円かかる車も月々2万円で良いなら利用できるという人もたくさんいるでしょう。

ただし自家用車すべてをリースにすると無駄な出費も増えるため次のような方におすすめです。

こんな人におすすめ

個人的な考えを言うと1台目の車はローンを組んででも購入しておいた方がいいでしょう。

そうすればトータルでの出費も少なくなりますし、車の使用に何ら制限はありません。

車の運転に不慣れで傷つけてしまった場合でも無理して治す必要もありません。

多くの家庭では車が2台以上あるというところも少なくないようです。

カーリースはそんな家庭でセカンドカーとして利用しようと思っている方にこそおすすめです。

  • 奥さんが送り迎えや買い物に使う
  • 1週間に数日程度の出勤に使う

このような使い方をすればデメリットの部分はほとんど気にならなくなるでしょう。

もちろん支払総額は高くなってしまいますが、セカンドカーならわざわざ改造して乗りたいと考える人も少ないと思いますし、走行距離も500kmで十分足りると思います。

1台目と違って2台目は負担が分散されているため家計への負担も少ないと思いますし、何かあったときには1台目を利用することもできます。

実際カーリースでは軽自動車の利用者数が多く、セカンドカーとして使っている家庭も少なくないようです。

メインの車と2台目の車をうまく使い分けることができれば生活もより充実したものになるでしょう。

まとめ

カーリースは資金面での負担が大きく、確かにデメリットになる部分もたくさんあります。

ですが使い方を工夫するだけでデメリットは気にならなくなりますし、経済的に2台目の車を購入する余裕がなくてもカーリースなら新車を利用することができます。

家庭の事情によっては2台目の車が必要なところも多いと思いますし、月々少しの負担で乗ることができるカーリースは便利だと思います。

最も安い軽自動車を利用すれば月々1万円台に抑えることも十分可能ですし、セカンドカーとしてならそれで十分だという方も多いでしょう。

自家用車をリースするならそういった条件がそろっている場合に利用することをお勧めします。

全国展開しているおすすめ業者

オリックス自動車

カーリースのシェアNo.1の大手リース会社!全メーカー・全車種に対応しており、個人でも法人でも自由に車を選ぶことができます。残価設定がないためシンプルでわかりやすく、契約満了時には車をもらうこともできるようになっています。楽天の公式ショップから利用することで特別な特典を受けることもできるようになっています。カーリースを検討しているなら必ずチェックしておきましょう。

コスモスマートビークル

コスモ石油が提供するカーリースサービス「スマートビークル」!コスモ石油が徹底サポートしてくれるため車のことがよく分からない女性の方やシニアの方に特に人気があります。全メーカー・全車種に対応しているため希望の車が必ず見つかります。さらに業界初!ガソリン代最大5円/リットル割引サービスも実施中。

マイカー賃貸カルモ

カルモはオリックス自動車と提携しているため全国どこでも利用することができるようになっています。スマホから申し込みができる手軽さがあり、カーリースには珍しく1年~11年まで好きな期間で契約することができます。新車に乗りたいけど契約期間は短くしたいという方におすすめのカーリースです。

-カーリースに関する基礎知識
-, , ,

Copyright© カーリースのメリットとデメリットから知る裏事情 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.