自動車保険関連

カーリースにおすすめの自動車保険

更新日:

カーリースにおすすめの自動車保険を紹介していきたいと思います。

自動車保険には加入が義務付けられている自賠責保険(強制保険)と加入するか自由に選ぶことができる任意保険の2つがあります。

自賠責保険は絶対に加入しなければならない保険であり、カーリースの場合はリース料金に自賠責保険が含まれているところがほとんどです。

そのため考えなくてはならないのは任意保険に加入するかどうかなのですが、これは絶対に加入しておいた方がいいです。

自賠責保険でカバーできるのは対人補償だけであり、相手の車の破損や自分の車の破損、ガードレールなど公共のものを壊したときの賠償などは任意保険に加入していないとできません。

またリースカーには任意保険に加入しないことによる特有のリスクもあるのでそれを理解しておく必要があります。

任意保険に加入しないとどうなる?

先ほども触れたように任意保険に加入してないと人に対しての補償が全くない状態になってしまいます。

例えば相手にけがを負わせた場合病院に通うことになると思いますが、その費用を自分で負担しなければならなくなるということです。

ケガ程度ならいいですが相手を死なせてしまった場合は個人で支払うことができる金額をはるかに超えてしまうでしょう。

そのため任意保険への加入は必須といえます。

またリースカーで事故を起こしてしまい修理ができないぐらい破損してしまうとリース契約が強制解約になってしまいます。

当然違約金が発生するのですが、任意保険の車両保険を付けていないと車に対する補償が一切ないため全額自己負担することになってしまいます。

事故を起こす時期にもよりますがリース1年目でそのような大きな事故を起こすと違約金が100万円を超えることも珍しくないでしょう。

自分の車なら直さず廃車にして終わりでいいかもしれませんが、リース車両だとそういうわけにはいかないのでできれば車両保険もつけておくことが望ましいです。

カーリースにおすすめの自動車保険

自動車保険を取り扱っている会社は20社以上あり、通販型・代理店型などを考え出すとどこがいいのかわからなくなる人も多いでしょう。

先ほども言ったようにカーリースには特有のリスクが存在するので任意保険に加入するならそれをきちんとカバーしてくれるものがおすすめです。

カーリース車両費用特約

カーリース車両費用特約はカーリース専用の特約で、簡単に言うと全損時の中途解約費用の自己負担がなくなります。

これは車両の修理費用だけでなく解約違約金までカバーしてくれるので非常に役に立ちます。

リースカーで任意保険に加入するならこれを取り扱ってる保険会社に加入するのがいいでしょう。

カーリース車両費用特約を取り扱っている保険会社

残念ながらすべての保険会社で取り扱っているわけではないので選択肢としてはあまりありませんが、カーリースを利用するなら以下の保険会社から選ぶといいと思います。

  • 損保ジャパン日本興亜
  • 三井住友海上
  • あいおいニッセイ同和損保
  • 東京海上日動

とりあえず現時点で特約を取り扱っているのがわかったのは上記の4社だけでした。

すべて代理店型自動車保険に分類されるため保険料面で見ると高くついてしまう可能性も否定はできません。

ただやはりカーリース車両費用特約の恩恵というのは非常に大きいため、できればこれらから選ぶことをお勧めします。

もしまだ取り扱っている保険会社が見つかったら随時追記していきますね。

各業者の提携保険会社

カーリース業者によってはリースプランの中に任意保険を組み込んでくれるところもあります。

各公式サイトにはカーリース専用の保険プランと銘打ってあたかも特別な保険であるように見せていますが、実際は各保険会社でカーリース車両費用特約がついたプランを紹介しているだけです。

つまりリース業者がそのまま保険の代理店の役割をしているということになりますね。

それが嫌な方は自分で探して保険に加入してもいいですが、リースと保険の手続きをまとめて行えるようになるため利用者の手間はかなり省かれると思います。

特に理由がない場合はそこで加入すればいいと思いますよ。

大手リース業者は以下のような保険会社と提携し保険を提供しています。

  • オリックス自動車株式会社 → ソニー損保
  • 定額ニコノリパック → 損保ジャパン日本興亜
  • カーコンカーリース → 三井住友海上
  • コスモスマートビークル → 損保ジャパン日本興亜
  • フラット7 → 損保ジャパン日本興亜

オリックスは珍しく通販型のソニー損保と提携しているですね。

ソニー損保にはカーリース特約はなかったと思うので安さを重視しているということなんでしょう。

リース会社によっては途中で事故を起こしても保険料は上がらないとしているところもありますが、これは単に保険会社と長期契約しているだけなので個人で加入しても同じように利用することはできます。

ただリース会社を通じて加入した場合と個人で加入した場合では保険料に差がつく可能性もあるので、どうするか迷っている場合はとりあえず見積もりを出してもらってどちらが得かを判断するのがいいでしょう。

任意保険料込みのリースプランを利用したい場合は上記の中から選ぶのがいいと思いますよ。

全国展開しているおすすめ業者

オリックス自動車

カーリースのシェアNo.1の大手リース会社!全メーカー・全車種に対応しており、個人でも法人でも自由に車を選ぶことができます。残価設定がないためシンプルでわかりやすく、契約満了時には車をもらうこともできるようになっています。楽天の公式ショップから利用することで特別な特典を受けることもできるようになっています。カーリースを検討しているなら必ずチェックしておきましょう。

コスモスマートビークル

コスモ石油が提供するカーリースサービス「スマートビークル」!コスモ石油が徹底サポートしてくれるため車のことがよく分からない女性の方やシニアの方に特に人気があります。全メーカー・全車種に対応しているため希望の車が必ず見つかります。さらに業界初!ガソリン代最大5円/リットル割引サービスも実施中。

マイカー賃貸カルモ

カルモはオリックス自動車と提携しているため全国どこでも利用することができるようになっています。スマホから申し込みができる手軽さがあり、カーリースには珍しく1年~11年まで好きな期間で契約することができます。新車に乗りたいけど契約期間は短くしたいという方におすすめのカーリースです。

-自動車保険関連
-, ,

Copyright© カーリースのメリットとデメリットから知る裏事情 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.