自動車保険関連

カーリースで加入した保険の等級制度の仕組み

更新日:




カーリースで加入した保険の等級制度の仕組みについて解説していきたいと思います。

カーリースを契約すると任意保険への加入を促されることになると思います。

任意とはいってもその契約率は9割近くになっており、自賠責保険ではカバーしきれない範囲を広くカバーしてくれるため絶対に入っておいた方がいい保険になります。

ただカーリースだと購入と違ってわかりにくい部分もあると思いますのでまずは基本的なところから見ていきましょう。

任意保険に加入する2つの方法

任意保険に加入するときはカーリース業者が代理店を務めてリース料金の中に保険料を含めてくれるものに加入するか、自分で保険会社を探して加入するかのどちらかを選択することになります。

カーリース業者が提供しているとはいっても業務提携している保険会社のプランを提供しているだけで、特別な補償などがあるわけではありません。

例えば各リース会社は以下の保険会社と提携して保険を提供しています。

  • オリックス自動車株式会社 → ソニー損保
  • 定額ニコノリパック → 損保ジャパン日本興亜
  • カーコンカーリース → 三井住友海上
  • コスモスマートビークル → 損保ジャパン日本興亜
  • フラット7 → 損保ジャパン日本興亜

ほとんどが代理店型自動車保険になっていますがこれには2つの理由があります。

カーリース車両費用特約を付帯できる

大手代理店型自動車保険にはカーリース車両費用特約という特約が用意されていることが多いです。

詳しい内容はここでは割愛しますが、カーリース車両費用特約があると事故を起こして強制解約になる際の出費を補償で賄ってくれるので、万が一の時にとても役立つ補償になっています。

カーリースをするならほぼほぼ必須の特約といえるでしょう。

私が見た限りでは代理店型にしか用意されていないためそれが代理店型と提携している理由の1つになっているのでしょう。

長期契約プランがある

代理店型自動車保険には複数年契約することができる長期契約プランが用意されているところがあります。

長期プランは通販型にはないサービスで、カーリースは基本的に複数年契約になることが多いので契約年数に合わせて長期プランに加入することが多いです。

長期プランに加入すると事故を起こしても等級が上がらず保険料を抑えられるというメリットがあるので、利用料が変化しないというリースの特徴にもぴったりとあてはまります。

リース会社が提供する保険に加入した場合の等級

それではいよいよ本題の任意保険に加入した際の等級はどうなっているのかというのを見ていきたいと思います。

参考にしたのは「定額ニコノリパック」というリースプランです。

上記でも説明しましたが定額ニコノリパックでは損保ジャパン日本興亜と提携して保険を提供しています。

任意保険について詳しく調べてみると新規契約時には10等級(43%)割引からスタートして、長期契約であるため事故を起こしても無事故でも5年間は10等級のままだそうです。

新規契約でいきなり10等級からスタートできるというのはかなり大きいですね。

ほかのリース業者の保険プランは調べてみてもよくわからなかったのですが、おそらく同じような制度が実施されているところも多いと思います。

たくさんの車を一括で長期契約できるリース業者ならではの等級制度ですね。

自分で保険に加入する場合

一方自分で保険に加入する場合はこのような優遇措置はなく6等級からのスタートとなります。

6等級の割引率は4%割増で、1年間無事故なら1等級上がることになります。

年々保険料が安くなるというメリットはありますがスタートが違いすぎるので任意保険だけを見ると確実に高くついてしまうでしょう。

ただし自分で保険に加入する場合は通販型と代理店型を自由に選択できるというメリットはあります。

絶対に事故を起こさないという自信がある方は通販型に加入して保険料を安く抑えてもいいですが、リース特約もないため万が一の時は大きな痛手をこうむることになるでしょう。

等級の引継ぎは?

リースを開始する前にすでに車に乗っていて、所有からリースに切り替える場合は等級を引き継ぐことができるようになっています。

これはリース会社が提供する保険に加入しても自分で保険に加入してもどちらでも引継ぎは可能です。

そのため等級によってはかなり保険料を節約することができると思います。

すでに10等級以上になっている場合はリース会社で保険に加入するメリットが薄れてしまうので自分で探して加入してもいいかもしれませんね。

ただ自分で加入する場合はきちんと補償プランを考える必要があるので、ある程度知識がある方にだけお勧めします。

等級云々のことがすでに分かっていない場合はおとなしくリース会社が提供する保険に加入した方がいいでしょう。

あるいはリースプランと保険プランが一体となったリース会社にあらかじめ狙いを定めて契約するのも1つの方法だと思いますよ。

全国展開しているおすすめ業者

オリックス自動車

カーリースのシェアNo.1の大手リース会社!全メーカー・全車種に対応しており、個人でも法人でも自由に車を選ぶことができます。残価設定がないためシンプルでわかりやすく、契約満了時には車をもらうこともできるようになっています。楽天の公式ショップから利用することで特別な特典を受けることもできるようになっています。カーリースを検討しているなら必ずチェックしておきましょう。

コスモスマートビークル

コスモ石油が提供するカーリースサービス「スマートビークル」!コスモ石油が徹底サポートしてくれるため車のことがよく分からない女性の方やシニアの方に特に人気があります。全メーカー・全車種に対応しているため希望の車が必ず見つかります。さらに業界初!ガソリン代最大5円/リットル割引サービスも実施中。

マイカー賃貸カルモ

カルモはオリックス自動車と提携しているため全国どこでも利用することができるようになっています。スマホから申し込みができる手軽さがあり、カーリースには珍しく1年~11年まで好きな期間で契約することができます。新車に乗りたいけど契約期間は短くしたいという方におすすめのカーリースです。

-自動車保険関連
-, ,

Copyright© カーリースのメリットとデメリットから知る裏事情 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.