自動車保険関連

自動車保険のリース特約ってどんな特約?

更新日:




自動車保険のリース特約ってどんな特約なのか解説していきたいと思います。

カーリースを利用した場合でも任意保険への加入がほぼ必須となるのですが、リース会社が保険会社の代理店も兼ねていることがあります。

多くのリース業者は代理店型自動車保険の代理店を務めていて、契約プランにリース特約が用意されていることがあります。

現状通販型自動車保険にはリース特約が用意されていないことも多いので、万が一の時を考えるとリース特約が用意されている保険会社に加入したほうが無難といえるでしょう。

リース会社が保険も取り扱ってる場合はついでに聞いてみるといいでしょう。

リース特約ってどんな特約?

リース特約が力を発揮するのはリース車両で事故を起こして全損扱いになってしまった時です。

全損とは修理費用が車の価値を上回ってしまい事実上修理できなくなった状態です。

それなら修理するよりも中古車を購入したほうが安くつくからですね。

リース契約では事故を起こして全損扱いになってしまった場合は強制的に解約させられるところが大半です。

リース会社からすれば貸すべき車が修復不可能な状態になってしまっているのですから当然といえば当然ですね。

リース契約を途中で解約することになると解約違約金が車両保険よりも高くなってしまうことがあります。

途中解約する場合の違約金はいろいろな項目に分類されるのですが、簡単に計算するとこれから支払うはずだったリース料金にプラスαしたぐらいの金額になります。

例えば車両価値が50万円だった車が事故を起こして全損扱いになってしまったとしましょう。

この時修理費用はだいたい60万円~80万円ぐらいになると思います。

交渉によっても金額は変わりますが、一般的には車両保険では50万円までしか補償してもらえません。

全損に対する特約を付けていたとしても60万円~70万円ぐらいの補償になるでしょうね。

一方、車両価値が50万円だった場合でもリースではメンテナンス費用などが含まれていることが多く、さらに金利も付くことになるのでこれから支払うはずだったリース料金は50万円よりも高くなります。

一般的な相場で考えると70万円前後といったところですね。

プラスαの部分を考えると解約違約金は合計で80万円~90万円ぐらいになるでしょう。

つまり支払われる車両保険が70万円前後に対して解約違約金は90万円前後になってしまうということになります。

このケースでは20万円ぐらい超過することになってしまいますが強制解約なので絶対に支払う必要があります。

でもいきなりこんな大金を用意するのは難しいという方もいると思います。

そこで役に立つのがリース特約というもので違約金として足りない部分を補ってくれることになっています。

そのためリース車両で事故にあい全損扱いになってしまった場合でも自己負担をすることなく解約できるというわけです。

リース特約は付帯するべき?

個人的な意見ですがリース特約は付帯すべきです。

事故というのは起こそうと起きるわけではなく突然巻き込まれてしまう場合もあります。

しかもよっぽどのことがないと自分にも過失がついてしまいます。

せっかく契約したのに全損事故にあって、しかも解約するのに追加で料金を支払うことになったら馬鹿らしいと思いませんか?

めったにあることではありませんが、絶対に起こらないとは言えません。

予測できないことだけに備えておいた方がいいと思います。

リース特約が付帯できる保険会社は?

リース特約が用意されている保険会社は一部の代理店型自動車保険になります。

2019年11月時点では以下の4社で確認することができました。

  • 損保ジャパン日本興亜
  • 三井住友海上
  • あいおいニッセイ同和損保
  • 東京海上日動

これを見てもわかるように大手代理店ばかりですね。

これらの保険会社はリース会社と提携しているところも多く、リース会社経由で加入すると等級などがお得になることがあります。

詳しくは以下のページを参考にしてください。

カーリースで加入した保険の等級制度の仕組み

カーリースで加入した保険の等級制度の仕組みについて解説していきたいと思います。 カーリースを契約すると任意保険への加入を促されることになると思います。 任意とはいってもその契約率は9割近くになっており ...

通販型自動車保険に比べるともちろん保険料は高くなりますが、万が一のことを考えるとリース特約がある保険に加入しておいた方がいいと思います。

詳しいことはリース会社に聞いてみるといいでしょう。

ただ最大手のオリックス自動車が提携しているのは通販型自動車保険であるソニー損保で、どうやらリース特約なども用意されていないので注意が必要です。

リース特約を付帯する料金はどれくらい?

当然ですがリース特約をセットするとその分リース料金が上がることになります。

とはいえそこまで大きな金額でもないでしょう。

残念ながらシミュレーションすることはできなかったのですが、ほかの特約の料金を考えても月々500円~1500円の間ぐらいだと思います。

どんなに高くても1年で1万5000円ぐらいだと思います。

これを高い取るか安いととるかは人それぞれですが、当然事故を起こさなければ入り損になってしまいます。

ただ何度も言っているように事故は突然起きるものなので、万が一に備えて付帯しておいた方が無難だとは思います。

まとめ

リース特約は全損事故を起こして強制的に解約することになった際に費用を負担してくれる特約です。

これがあれば突然の解約でも費用を負担することなく解約することができます。

リース特約を取り扱っているのは一部の代理店型自動車保険ですのでリースを利用する場合は詳しく調べてみるといいでしょう。

これらの保険会社はリース業者と提携している場合も多いのでリースの契約の際に任意保険についても尋ねてみてください。

リース車両とはいっても任意保険は絶対に必要になりますし、万が一のことを考えたらリース特約も付帯しておいた方がいいと思いますよ。

全国展開しているおすすめ業者

オリックス自動車

カーリースのシェアNo.1の大手リース会社!全メーカー・全車種に対応しており、個人でも法人でも自由に車を選ぶことができます。残価設定がないためシンプルでわかりやすく、契約満了時には車をもらうこともできるようになっています。楽天の公式ショップから利用することで特別な特典を受けることもできるようになっています。カーリースを検討しているなら必ずチェックしておきましょう。

コスモスマートビークル

コスモ石油が提供するカーリースサービス「スマートビークル」!コスモ石油が徹底サポートしてくれるため車のことがよく分からない女性の方やシニアの方に特に人気があります。全メーカー・全車種に対応しているため希望の車が必ず見つかります。さらに業界初!ガソリン代最大5円/リットル割引サービスも実施中。

マイカー賃貸カルモ

カルモはオリックス自動車と提携しているため全国どこでも利用することができるようになっています。スマホから申し込みができる手軽さがあり、カーリースには珍しく1年~11年まで好きな期間で契約することができます。新車に乗りたいけど契約期間は短くしたいという方におすすめのカーリースです。

-自動車保険関連
-,

Copyright© カーリースのメリットとデメリットから知る裏事情 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.