カーリースに関する基礎知識

カーリースをオープンエンド方式で契約するメリットとデメリット

更新日:




カーリースをオープンエンド方式で契約するメリットとデメリットについてお伝えしていきたいと思います。

この数年の間にカーリースの契約数は急激に増えており、2018年には25万件あったのが2022年には93万件まで増えるといわれています。

もちろんこの数字は個人向けカーリースだけのものになります。

ここまでカーリースの利用数が増えている背景としては車の持ち方に対する認識が変わってきたことがあるといわれています。

車の販売数が減少傾向にあることからもわかるように最近の若者は車を購入しない方も増えてきてるみたいですからね。

また個人的にはカーリースそのものの認知度が上がってきたことも背景としてあると考えています。

今回はカーリースを契約するうえでとても重要になるオープンエンド方式での契約についてみていきたいと思います。

2つの契約方式

ここでは詳しくは解説しませんが、そもそもカーリースの契約には残価設定があるものとないものがあります。

一般的な契約では残価設定があるものがほとんどなのですが、オリックス自動車はあたりは残価設定がないプランを提供しています。

今回は残価設定がないプランは関係ないのでここで終わりにしますね。

残価設定があるプランではオープンエンド方式とクローズドエンド方式の2つから選択することになります(一部業者では片方しかないこともある)。

オープンエンド方式では契約者とリース業者が話し合って残価を設定することになるため残価がきちんと公開されることになります。

一方、クローズドエンド方式ではリース業者が残価を設定することになり契約者にはどのくらいの金額になるのか公開されません。

それぞれに一長一短があるので契約する前にしっかりと理解しておきましょう。

オープンエンド方式のメリット

オープンエンド方式で契約するメリットには次のようなことがあります。

  • ある程度残価を自由に設定できる
  • リース料金を安く抑えられる
  • 契約満了後に車を買い取れる

リース会社と話し合って残価を設定するためある程度こちらの意見も通してもらうことができます。

残価を高めに設定すればその分利用料金が安く抑えられるので月々のリース料金も安くなります。

また契約満了後には車を買い取ることもできるようになるため継続して乗りたいと考えいている場合はこちらの方式を選択する必要があります。

これだけを見るといいことばかりに思えますが当然デメリットもあります。

オープンエンド方式のデメリット

オープンエンド方式で契約するデメリットには次のようなことがあります。

  • 残価を精算するリスクがある
  • 買取にまとまったお金が必要になる

先ほどメリットとして残価を自由に設定できてリース料金が安くなるといいましたが、実はこれは裏を返せば残価リスクが高くなっただけとも言えます。

例えば100万円の車を5年リースしたとして一般的な残価が30万円だったとしましょう。

オープンエンドでは自分にも残価の決定権があるので少し高めの40万円にしたとします。

これによりリースで支払う部分は60万円になるので月々1万円となります。

残価が30万円だったら月々1700円ぐらいは高くなりますね。

ですが契約満了時に残価が一般相場の30万円だったとします。

その場合は差額の10万円を契約満了時に支払わなければならなくなるのです。

これが残価リスクと呼ばれるものでリース契約のトラブルの多くをこれが占めています。

更に車を買い取ることになるとまとまった資金が必要になるので、車がほしい方にはあまり向いていない契約形態であるともいえますね。

おすすめの残価設定方法

先ほど挙げた例で行くと残価を10万円上乗せしたことでリース料金が月々1700円程度安くなっていました。

その代わりに契約満了時に10万円の支払いが生じたことになります。

もともと浮いたお金を支払うことになったと思えばそうなんですが、月々1700円ずつ支払うのと一度に10万円を支払うのでは負担が大きく異なりますよね。

オープンエンド方式ではこのように残価リスクばかりに目が行きがちですが、もちろん逆のパターンもあります。

例えば残価を30万円に設定していたら思ったよりも車の状態がよく40万円の査定金額になったという場合です。

この場合はリース会社から10万円が支払われることになります。

低く設定しても満了後には多く支払った部分を払い戻してもらえるので、個人的には低めに設定しておいた方がいいと思います。

ただしあまり低めに設定するとリース料金が高くなってしまうので支払いができる範囲で設定したほうがいいでしょう。

一般相場が30万円だったとしたら30万円~25万円ぐらいが妥当なラインだと思いますよ。

車がほしいならもらえるプラン

オープンエンド方式で契約して満了後に車がほしいと思っている場合はまとまった資金が必要になります。

ですがそのようなお金を用意するのは難しいという方も多いでしょう。

そのような方におすすめなのが契約満了時に無料で車がもらえるプランです。

このプランを提供しているのはオリックス自動車とカーコンビニ倶楽部になります。

これらのリース業者では残価設定がなしになっており、契約期間中にすべての料金を支払うようになっています。

そのため契約満了時には無料で車がもらえるのです。

買い取るよりはこれらのプランを利用したほうがはるかにお得になるので車に乗り続けたいと思っている方は利用してみるといいでしょう。

詳しくは以下のページにまとめてあるのでそちらも参考にしてください。

カーリース満了後の無償譲渡と買取の差額

カーリース満了後の無償譲渡と買取の差額を比較していきたいと思います。 カーリースは契約満了時には以下の4つの選択肢からどうするかを選ぶことになります。 新車に乗り換える リースしていた車を再リースする ...

まとめ

オープンエンド方式で契約するとメリットがある半面デメリットがあることは理解していただけたと思います。

特に残価設定の部分は非常に多くのトラブルの原因ともなっているので慎重に決めた方がいいと思います。

業者によって選べるところもあればオープンエンドしか用意されていないところもあるので契約前にしっかりと確認しておきましょう。

クローズドエンド方式については以下のページに詳しく記載しているのでそちらも参考にしてみてください。

カーリースをクローズドエンド方式で契約するメリットとデメリット

カーリースをクローズドエンド方式で契約するメリットとデメリットについてお伝えしていきたいと思います。 この数年の間にカーリースの契約数は急激に増えており、2018年には25万件あったのが2022年には ...

全国展開しているおすすめ業者

オリックス自動車

カーリースのシェアNo.1の大手リース会社!全メーカー・全車種に対応しており、個人でも法人でも自由に車を選ぶことができます。残価設定がないためシンプルでわかりやすく、契約満了時には車をもらうこともできるようになっています。楽天の公式ショップから利用することで特別な特典を受けることもできるようになっています。カーリースを検討しているなら必ずチェックしておきましょう。

コスモスマートビークル

コスモ石油が提供するカーリースサービス「スマートビークル」!コスモ石油が徹底サポートしてくれるため車のことがよく分からない女性の方やシニアの方に特に人気があります。全メーカー・全車種に対応しているため希望の車が必ず見つかります。さらに業界初!ガソリン代最大5円/リットル割引サービスも実施中。

マイカー賃貸カルモ

カルモはオリックス自動車と提携しているため全国どこでも利用することができるようになっています。スマホから申し込みができる手軽さがあり、カーリースには珍しく1年~11年まで好きな期間で契約することができます。新車に乗りたいけど契約期間は短くしたいという方におすすめのカーリースです。

-カーリースに関する基礎知識
-, , ,

Copyright© カーリースのメリットとデメリットから知る裏事情 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.