カーリースに関する基礎知識

リース車をぶつけた時の対処法

更新日:




リース車をぶつけた時の対処法について解説していきたいと思います。

どんなに気を付けていてもちょっとしたことが引き金となって起こってしまうのが事故です。

運転になれていない方はもちろんのこと、運転に慣れてきて油断するようになった時も注意が必要です。

私は幸いこれまでに大きな事故を起こしたことはありませんが、何度か車をぶつけたりこすったことはあります。

これらはすべて壁や物だったので被害は自分の車だけでしたが、実はリース車と自分が購入した車では対応が違ってきます。

リース車をぶつけてしまった時の対応

リース車をぶつけてしまった場合は傷の大小にかかわらず必ずリース会社に連絡を入れなければいけません。

カーリースというのはそもそもリース会社が購入した車を貸し出してもらっているという状況になります。

人のものを使ってそれを傷つけてしまったんですからね持ち主に報告しなければいけないのは当たり前のことですよね。

傷がついてしまっていたりへこんでいた場合はおそらくその部分を写真に撮ってどうするかの指示を受けることになります。

まあほとんどの場合は提携している工場に持ち込んで修理ですね。

当然修理費用は自分が負担することになります。

物損事故になってしまったら

車をぶつけて壁が破損したり電柱やガードレールが壊れてしまった場合は物損事故として扱われることになります。

この場合はリース会社だけではなく警察にも連絡する必要があります。

個人の所有物や公共のものを破壊してしまったら必ず連絡するようにしてくださいね。

物損事故の場合は自賠責保険から賄える可能性が高いですが、高価なものを壊してしまった場合はそれだけでは賄いきれないこともあります。

その場合は自己負担するか任意保険に加入している場合はそちらを利用することもできます。

どのように弁済するかは状況に応じて変えるといいでしょう。

人身事故になってしまったら

ぶつけた先に人がいた場合は人身事故として処理されることになります。

この場合も連絡先はリース会社と警察ですね。

後は保険会社にも連絡しておく必要がありますが、リース会社を経由して加入している場合はそちらで連絡してくれると思います。

個人で加入している場合は自分で連絡する必要があるので忘れないようにしましょう。

後は通常の事故と同じように相手と連絡先や免許証の情報を交換して警察の指示通りに手続きを行っていくだけです。

間違っても自分で示談を持ち掛けるようなことだけはやめてくださいね。

任意保険に加入していない場合

リース車両ではリース会社が提携している保険会社へ加入を勧められることもありますし、個人で自由に加入している人もいるでしょう。

リース車とは言っても扱いは普通の車と何も変わらないので必ず任意保険には加入しておくようにしましょう。

もし仮に任意保険に加入していない場合、人身事故を起こしたらすべてを自分で負担しなければならなくなります。

最悪の場合は何千万円も請求されることになるので、万が一に備えて必ず加入しておくようにしましょうね。

任意保険については以下のページでも詳しく解説しているのでそちらも参考にしてください。

カーリースの任意保険は高い?少しでも安く加入する方法を伝授

カーリースの任意保険を高いと感じている方は少なくないようです。 カーリースではリース料金に重量税や車検費用や自賠責保険が含まれていますが、基本的なプランでは任意保険の料金は含まれていません。 リース会 ...

修理費用は?

先の方でも少しふれましたが、基本的に修理費用というのは自己負担となります。

またぶつけた時に人や物に被害が出てしまったら保険を使って弁済する必要があります。

物損事故・・・自賠責保険、任意保険、車両保険
人身事故・・・任意保険

自分の車が傷ついてしまった場合は指定された工場で修理することになりますが、その際は自己負担するか車両保険で修理することになります。

ただし保険を利用する場合は注意が必要です。

リース会社経由で加入している場合

リース会社を経由して保険に加入している場合は長期契約で加入しているケースが多いです。

長期契約している場合は保険期間中に保険を使用しても保険料が上がらないので修理の際に利用してもダメージはほとんどありません。

だからといってどんどん事故を起こしてもいいというわけではありませんが、気兼ねなく保険を利用するといいでしょう。

個人で加入している場合

しかし個人で加入していて長期契約していない場合は保険を利用すると等級が3段階下がってしまいます。

3等級下がると保険料がかなりアップしてしまうので場合によっては自己負担で修理したほうがお得な場合もあります。

自分で保険に加入している方、またリース会社経由だけど長期契約になっていない方は保険と自己負担のどちらが得かをしっかりと計算してからどちらの方法にするかを決めるようにしましょう。

リース会社に報告しなかった場合

リース会社に報告しなかった場合はおそらく契約満了時に気づかれることになります。

基本的にカーリースには原状回復の義務があるので、ちょっとした傷がついていてもそれは規約違反になり違約金が発生することになります。

ここでいう違約金とはその車を元の状態に戻すための修理費用のことですね。

それだけで済めばいいですがもしかしたら報告義務を怠ったとしてその分の費用も請求されるかもしれません。

そのあたりのことは契約書がどのようになっているのかを確認しておいた方がいいでしょう。

まとめ

リース車をぶつけてしまった場合は必ずリース会社に連絡をしなければいけません。

そのうえで修理が必要だといわれれば指定の工場で修理するようにしてください。

指示を無視していると違約金が発生することもあるので、修理が必要な場合は必ず修理に出すようにしてくださいね。

あと万が一に備えて任意保険には必ず加入しておくようにしましょう。

先ほど紹介したページでお得に任意保険に加入する方法も紹介しているのでどうやって加入するか迷っている方は参考にしてください。

全国展開しているおすすめ業者

オリックス自動車

カーリースのシェアNo.1の大手リース会社!全メーカー・全車種に対応しており、個人でも法人でも自由に車を選ぶことができます。残価設定がないためシンプルでわかりやすく、契約満了時には車をもらうこともできるようになっています。楽天の公式ショップから利用することで特別な特典を受けることもできるようになっています。カーリースを検討しているなら必ずチェックしておきましょう。

コスモスマートビークル

コスモ石油が提供するカーリースサービス「スマートビークル」!コスモ石油が徹底サポートしてくれるため車のことがよく分からない女性の方やシニアの方に特に人気があります。全メーカー・全車種に対応しているため希望の車が必ず見つかります。さらに業界初!ガソリン代最大5円/リットル割引サービスも実施中。

マイカー賃貸カルモ

カルモはオリックス自動車と提携しているため全国どこでも利用することができるようになっています。スマホから申し込みができる手軽さがあり、カーリースには珍しく1年~11年まで好きな期間で契約することができます。新車に乗りたいけど契約期間は短くしたいという方におすすめのカーリースです。

-カーリースに関する基礎知識
-,

Copyright© カーリースのメリットとデメリットから知る裏事情 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.