カーリースに関する基礎知識

スズキソリオバンディットのリース料金比較

更新日:




スズキソリオバンディットのリース料金を比較していきたいと思います。

ソリオバンディットは2012年からスズキで販売されているソリオの派生車です。

コンパクトトールワゴンという点は同じですが、ガソリンモデルとハイブリッドモデルがあるソリオに対してソリオバンディットにはハイブリッドモデルしか用意されていない上位グレードとなっています。

性能にそこまで大きな差はありませんがソリオバンディットの方が内装と外装が豪華になっています。

ソリオバンディットにはマイルドハイブリッド仕様とフルハイブリッド仕様の2つが用意されているため好みで選ぶといいでしょう。

マイルドハイブリッドはエンジンとモーターを併用して走るモードが使えるのに対して、フルハイブリッドではモーターだけで走行することが可能となり、その分燃費性能も向上する。

販売台数から見ても現在はソリオよりもソリオバンディットの方が人気があるようです。

2015年には三菱にデリカD:2カスタムとしてOEM供給も開始されています。

できるだけ小回りの利くコンパクトな車に乗りたいと思っているけど軽自動車だと事故を起こしたときに不安だと感じている方におすすめの車となっています。

個人向けカーリースのメリット

少し前まではカーリースといえば法人向けが当たり前でしたが最近では個人向けにも注目が集まり始めました。

その理由としては個人向けにも次のようなメリットがあるからです。

  • 頭金不要で新車に乗れる
  • 負担が毎月定額になる
  • 月々の負担金額が安い

車を購入する場合は頭金も必要になりますし、必ずまとまったお金を用意する必要があります。

しかしカーリースなら頭金を用意する必要もありませんし、安い車種なら月々1万円台から新車に乗ることができるようになります。

メンテナンスをプランに含めれば毎月の負担は一定になりますし、契約期間が長いプランが多いのでその分毎月の負担は小さくなりやすいです。

最近は共働きも多くなり、それほど車に乗る機会がないという家庭も多くなっているので、プランを調整すればかなり負担を抑えることもできるでしょう。

まとまったお金を用意することができないという方は利用を検討してみるといいと思います。

おすすめのカーリース業者

リース料金は業者ごとに独自の基準で決められているため、同じ車種でも価格が大きく異なることがあります。

また業者によってメンテナンスの内容も違うので、メンテナンスパックを利用する場合はどの程度までカバーしてくれるのかをしっかりと確認しておく必要があります。

オリックス自動車

一般的なカーリース業者には残価設定がありますがオリックス自動車にはそれがありません。

そのため残価の設定方法でいちいち悩む必要もなくなり、プランによっては契約満了後に無料で車がもらえます。

残価設定がなくてもリース料金は業界トップクラスに安いですし、個人でも法人でも必ず候補に入れておいた方がいい業者であることは間違いありません。

プランがシンプルで契約しやすいので、リースのことがよくわかっていなくても利用しやすいです。

リースの利用を検討しているならとりあえず見積もりを取ってみるといいでしょう。

コスモスマートビークル

全国にガソリンスタンドがあるコスモ石油が提供しているリースサービスです。

最近は石油業者が数多く参入してきていますが、そこはガソリンの小売りという事業とカーリースの親和性が高かったからでしょう。

提供しているプランは標準的なもので、契約年数や走行距離などライフスタイルによってカスタマイズすることができるようになっています。

ガソリンスタンドなので全国に広く展開しておりメンテナンスを受けやすいというのもメリットの一つですね。

メンテナンスプランもオリックスより充実しているので個人向けを利用するなら検討してみる価値はあると思いますよ。

マイカー賃貸カルモ

2018年から新たにカーリースサービスを開始した新規参入業者です。

後発組に不安があるという方もいると思いますが、オリックスと提携しているので車の仕入れには何ら問題はありません。

メンテナンスはコスモ石油とほぼ同じ内容になっていますが、こちらには原状回復保証がついており多少の傷やへこみで追徴金を請求されることはありません。

なので運転に自信がない方には非常におすすめです。

1年から11年まで幅広く期間を設定できますし、利用したい状況によってはこちらが最適になることもあるでしょう。

高級車になるとメンテナンスパックを付けることができないこともありますが、一般的な車を利用する場合は検討してみてもいいと思いますよ。

ソリオバンディットのリース料金

先ほど紹介した3社でソリオバンディットのリース料金の見積もりを取ってみたところ次のような結果になりました。

契約条件オリックスコスモカルモ
3年-59,290円62,183円
5年48,290円45,980円48,851円
7年41,250円41,360円42,335円
9年33,550円-36,252円
11年--33,051円
グレード2WD BANDIT HYBRID MV 5人 1200cc2WD BANDIT HYBRID MV 5人 1200cc2WD BANDIT HYBRID MV 5人 1200cc
走行距離制限月2000km月1000km
(変更可能)
月1500km
メンテナンス標準ゴールドゴールド
オプションカーナビ
ETC
マット
カーナビ
ETC
カーナビ
ETC
マット
頭金なしなしなし
ボーナス払いなし(変更可能)なし(変更可能)なし
契約満了後もらえる(プランによる)買取可能もらえる(プランによる)

ソリオバンディットは安いグレードでも約190万円からと少し高めの料金設定になっています。

コンパクトカーとしても少し割高ですが、すべてがハイブリッド使用になっているのと内装および外装が豪華になっているという点を考えれば仕方のない値段設定だといえるでしょう。

リース料金を見てみると7年以上の契約になるとオリックス自動車が最も安くなっていますね。

9年契約になると月々3万3500円なので決して安くはありませんが、それに見合った恩恵を受けることができるでしょう。

安さだけを求めるのなら普通のソリオを検討した方がいいでしょうね。

興味があれば以下のページに情報をまとめているのでそちらをご覧ください。

ソリオのリース料金を比較してみた

ソリオのリース料金を比較していきたいと思います。 ソリオはスズキが販売しているトールワゴンで、カテゴリー的には普通車(乗用車)となります。 軽自動車とよく間違える人がいるので注意してください。 ソリオ ...

上記はマイルドハイブリッドのリース料金なのでフルハイブリッドになるともう少しだけ高くなります。

完全に電気だけで走る車に乗りたいならフルハイブリッドを選ぶ必要がありますが、それならわざわざソリオバンディットを選ぶ必要はないような気もしますね。

まあこの辺は好みの問題にもなるので納得のいく車を選ぶといいでしょう。

ハイブリッド車なのでメンテナンスもしっかりしなければいけないためオリックスよりもメンテナンスが充実している業者を利用するというのもありだと思いますよ。

まとめ

ソリオバンディットはスズキが販売しているハイブリッド仕様のコンパクトトールワゴンです。

通常のソリオにもハイブリッドモデルはありますが、ソリオバンディットの方が外装や内装が豪華になっています。

走行性能だけでなく居住性や見た目にこだわる場合はソリオバンディットの方がいいでしょう。

ただしハイブリッド仕様なだけに同クラスのコンパクトカーと比較しても料金は高めとなっています。

価格を重視するならほかの車を選んだ方がいいでしょうね。

個人的にはオリックスを利用するのがおすすめですが、ほかの業者を利用したい場合は契約内容やメンテナンスプランなどをしっかりと確認したうえで契約するようにしてください。

全国展開しているおすすめ業者

オリックス自動車

カーリースのシェアNo.1の大手リース会社!全メーカー・全車種に対応しており、個人でも法人でも自由に車を選ぶことができます。残価設定がないためシンプルでわかりやすく、契約満了時には車をもらうこともできるようになっています。楽天の公式ショップから利用することで特別な特典を受けることもできるようになっています。カーリースを検討しているなら必ずチェックしておきましょう。

コスモスマートビークル

コスモ石油が提供するカーリースサービス「スマートビークル」!コスモ石油が徹底サポートしてくれるため車のことがよく分からない女性の方やシニアの方に特に人気があります。全メーカー・全車種に対応しているため希望の車が必ず見つかります。さらに業界初!ガソリン代最大5円/リットル割引サービスも実施中。

マイカー賃貸カルモ

カルモはオリックス自動車と提携しているため全国どこでも利用することができるようになっています。スマホから申し込みができる手軽さがあり、カーリースには珍しく1年~11年まで好きな期間で契約することができます。新車に乗りたいけど契約期間は短くしたいという方におすすめのカーリースです。

-カーリースに関する基礎知識
-, ,

Copyright© カーリースのメリットとデメリットから知る裏事情 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.