料金・見積もり関連

日産ノートのリース料金比較

更新日:




日産ノートのリース料金を比較していきたいと思います。

ノートは2005年から日産で販売されているコンパクトカーで、2019年上半期にはこのジャンルで最も売れた車となっています。

このジャンルには強力なライバルであるトヨタのアクアがいるのですが、2016年に追加されたハイブリッドモデルであるe-POWERの売り上げが非常に好調で、2018年度登録車販売台数No.1も獲得しています。

e-POWERはのハイブリッドカーの一種ですが、100%モーター走行ができる点から電気自動車に近いものになっています。

ノートe-POWERに関するリース情報は以下のページで詳しく解説しているのでそちらも参考にしてください。

ノートe-POWERのリース料金を比較してみた

ノートe-POWERのリース料金を比較していきたいと思います。 ノートe-POWERは日産が2016年から販売しているノートの新型モデルです。 e-POWERを搭載した車はバッテリーによって走るため電 ...

通常グレードでは1.2 Xが最も売れており、コンパクトカーならではの安さと優れた走行性能が人気の秘密となっています。

もちろん安全機能も充実しているので運転に自信がない方でも快適に運転することができると思いますよ。

個人向けカーリースのメリット

少し前まではカーリースといえば法人向けが当たり前でしたが最近では個人向けにも注目が集まり始めました。

その理由としては個人向けにも次のようなメリットがあるからです。

  • 頭金不要で新車に乗れる
  • 負担が毎月定額になる
  • 月々の負担金額が安い

車を購入する場合は頭金も必要になりますし、必ずまとまったお金を用意する必要があります。

しかしカーリースなら頭金を用意する必要もありませんし、安い車種なら月々1万円台から新車に乗ることができるようになります。

メンテナンスをプランに含めれば毎月の負担は一定になりますし、契約期間が長いプランが多いのでその分毎月の負担は小さくなりやすいです。

最近は共働きも多くなり、それほど車に乗る機会がないという家庭も多くなっているので、プランを調整すればかなり負担を抑えることもできるでしょう。

まとまったお金を用意することができないという方は利用を検討してみるといいと思います。

おすすめのカーリース業者

リース料金は業者ごとに独自の基準で決められているため、同じ車種でも価格が大きく異なることがあります。

また業者によってメンテナンスの内容も違うので、メンテナンスパックを利用する場合はどの程度までカバーしてくれるのかをしっかりと確認しておく必要があります。

オリックス自動車

一般的なカーリース業者には残価設定がありますがオリックス自動車にはそれがありません。

そのため残価の設定方法でいちいち悩む必要もなくなり、プランによっては契約満了後に無料で車がもらえます。

残価設定がなくてもリース料金は業界トップクラスに安いですし、個人でも法人でも必ず候補に入れておいた方がいい業者であることは間違いありません。

プランがシンプルで契約しやすいので、リースのことがよくわかっていなくても利用しやすいです。

リースの利用を検討しているならとりあえず見積もりを取ってみるといいでしょう。

コスモスマートビークル

全国にガソリンスタンドがあるコスモ石油が提供しているリースサービスです。

最近は石油業者が数多く参入してきていますが、そこはガソリンの小売りという事業とカーリースの親和性が高かったからでしょう。

提供しているプランは標準的なもので、契約年数や走行距離などライフスタイルによってカスタマイズすることができるようになっています。

ガソリンスタンドなので全国に広く展開しておりメンテナンスを受けやすいというのもメリットの一つですね。

メンテナンスプランもオリックスより充実しているので個人向けを利用するなら検討してみる価値はあると思いますよ。

マイカー賃貸カルモ

2018年から新たにカーリースサービスを開始した新規参入業者です。

後発組に不安があるという方もいると思いますが、オリックスと提携しているので車の仕入れには何ら問題はありません。

メンテナンスはコスモ石油とほぼ同じ内容になっていますが、こちらには原状回復保証がついており多少の傷やへこみで追徴金を請求されることはありません。

なので運転に自信がない方には非常におすすめです。

1年から11年まで幅広く期間を設定できますし、利用したい状況によってはこちらが最適になることもあるでしょう。

高級車になるとメンテナンスパックを付けることができないこともありますが、一般的な車を利用する場合は検討してみてもいいと思いますよ。

ノートのリース料金

先ほど紹介した3社でノートのリース料金の見積もりを取ってみたところ次のような結果になりました。

契約条件オリックスコスモカルモ
3年-58,520円54,681円
5年36,190円43,230円42,130円
7年30,030円37,070円35,394円
9年25,410円-30,961円
11年--28,640円
グレード2WD 5ドア X 5人 1200cc ガソリン FCVT2WD 5ドア X 5人 1200cc ガソリン FCVT2WD 5ドア X 5人 1200cc ガソリン FCVT
走行距離制限月2000km月1000km
(変更可能)
月1500km
メンテナンス標準ゴールドゴールド
オプションカーナビ
ETC
マット
カーナビ
ETC
カーナビ
ETC
マット
頭金なしなしなし
ボーナス払いなし(変更可能)なし(変更可能)なし
契約満了後もらえる(プランによる)買取可能もらえる(プランによる)

最近はお財布事情なども関係しSUVやコンパクトカーといったジャンルの車がよく売れています。

ノートも非常に人気のある車なのですが、その理由の一つはやはり安さにあるでしょう。

リース料金を見てみるとオリックスの9年契約で月々2万5000円となっているのがわかると思います。

普通車でこの価格帯で乗れる車はほとんどないので人気が集中する理由もわかりますね。

オリックスが飛びぬけて安くなっているのはこの記事を書いている時点で特選車に入っていたからだと思います。

9年契約なら契約満了後に無料で車をもらうこともできるので乗り続けたいと思っている方にもおすすめです。

新車に乗り換えたいと思っている場合もオリックスなら満了の2年前から違約金なしで解約することができるようになっているので、先のことが不透明な方でも乗りやすいと思います。

ノートに乗りたいと思っているけどまとまったお金を用意するのが難しい、そんな悩みを抱えている方はぜひリースの利用を検討してみてください。

まとめ

ノートは日産が販売している非常人気のあるコンパクトカーです。

e-POWERの実装でこのジャンルで不動の1位だったアクアを抜いてトップに躍り出ています。

人気の理由の一つはやはり価格の安さだと思います。

アクアだと同レベルのグレードでも200万円ぐらいするのですが、ノートなら150万円ぐらいで乗ることができるようになっています。

購入するうえでこの価格差は大きいですよね。

もちろんリース料金にも大きく反映されており、人気のe-POWERにしても月々3万円程度で乗ることができるようになっています。

手ごろなコンパクトカーを探しているという方はぜひノートの利用を検討してみてください。

全国展開しているおすすめ業者

オリックス自動車

カーリースのシェアNo.1の大手リース会社!全メーカー・全車種に対応しており、個人でも法人でも自由に車を選ぶことができます。残価設定がないためシンプルでわかりやすく、契約満了時には車をもらうこともできるようになっています。楽天の公式ショップから利用することで特別な特典を受けることもできるようになっています。カーリースを検討しているなら必ずチェックしておきましょう。

コスモスマートビークル

コスモ石油が提供するカーリースサービス「スマートビークル」!コスモ石油が徹底サポートしてくれるため車のことがよく分からない女性の方やシニアの方に特に人気があります。全メーカー・全車種に対応しているため希望の車が必ず見つかります。さらに業界初!ガソリン代最大5円/リットル割引サービスも実施中。

マイカー賃貸カルモ

カルモはオリックス自動車と提携しているため全国どこでも利用することができるようになっています。スマホから申し込みができる手軽さがあり、カーリースには珍しく1年~11年まで好きな期間で契約することができます。新車に乗りたいけど契約期間は短くしたいという方におすすめのカーリースです。

-料金・見積もり関連
-, , ,

Copyright© カーリースのメリットとデメリットから知る裏事情 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.