料金・見積もり関連

カーリースを月々1万円で利用できないわかりやすい理由

更新日:




カーリースを月々1万円で利用できないわかりやすい理由をお伝えしていきたいと思います。

この数年の間に個人向けカーリースの需要が急激に増えており、2018年には10万件以上増加して約25万件まで契約数が伸びたそうです。

試算によると2022年までに約93万台まで到達する見込みのようで、個人向けカーリースは今が成長期であるといえるでしょうね。

そうなると当然各社は顧客を獲得するためにあの手この手を利用するようになります。

最近では頻繁にCMも流れていますし、「月々1万円~」や「月々8000円~」といった謳い文句を聞いたことがある方も多いでしょう。

新車が本当にこの価格から乗れるのなら夢のような話ですが、本当にそんなにおいしい話があるのか?

実はこれには裏があり知らずに契約すると大変な目にあってしまうことがあるので注意が必要です。

カーリースの仕組み

そもそもカーリースの仕組みについてきちんと理解しておけばこのようなことはあり得ないとすぐにわかります。

カーリースは私たちの代わりにリース会社が新車を購入してくれて、それを月々定額で貸してくれるというものです。

貸し出す方法にはいくつかありますが、一般的なのは残価を設定して利用する分だけ料金を支払うというスタイルです。

残価とは契約期間が終わったときのその車の価値を表しており、例えば5年後に車の価値が40%になるとしたら200万円の車の残価は5年契約で80万円となります。

これを月々の分割で支払っていくということですね。

月々1万円がありえない理由

ということは月々の支払金額は車両本体の価格に大きく左右されるということになります。

2019年8月時点で新車で最も安く手に入れることができるのはダイハツのミライースで、本体価格だけでだいたい80万円ぐらいになっています。

必要な装備を付けていくと100万円は超えるでしょうね。

一般的なリース会社の契約年数は5年~9年ぐらいになっています。

一部で11年契約することができるところもありますが、かなり限定的なのでここでは最長9年として考えていきましょう。

契約年数が多いほど分割の回数が多くなるので9年108回払いでリースすると考えます。

先ほど言ったようにミライースなら100万円前後で購入することができるので月々1万円の計算もあっているのではないかと思った方もいるかもしれません。

しかしミライースを9年使用することになると当然メンテナンス費が必要になります。

メンテナンス費は車検費用であったり保険費用であったり整備費用などですね。

概算にはなりますが9年でだいたい50万円から60万円ぐらいが必要になり、当然これはリース料金に上乗せされることになります。

つまり9年契約では最低でも150万円はかかるということになりますね。

この時点ですでに月々1万円が無理なのはわかるでしょう。

更にリース会社は儲けを出すためにリースの際に金利を設定しており、当然それも利用者が負担することになります。

ミライースの例でいうと9年契約でだいたい200万円~220万円ぐらいになると思います。

それを108回で分割すれば月々2万円を超えますし、仮に残価を設定したとしても1万円まで安くなることはないでしょう。

よって新車を月々1万円から利用することは不可能であるという結論になります。

どうして月々1万円で宣伝できる?

ではどうしてテレビで流れるCMでは月々1万円などのフレーズが飛び交っているのでしょうか?

これは支払い方法にカラクリが隠されています。

カーリースでは支払方法に月々の分割に加えて「頭金払い」と「ボーナス払い」が用意されている会社がほとんどです。

月々の支払金額が安いリースではこのどちらかが設定されていることが多く、たいていはボーナス払いに大きな比重が置かれています。

例えば7年契約で月々1万円×70回、ボーナス月5万円×14回というような感じですね。

この例は適当に書いただけなので料金はでたらめですが、車種によってはボーナス払いがかなり大きな金額になっていることもあります。

このような支払になっていたとしても各社は月々1万円の支払いと宣伝し、ボーナス払いに関しては注意書きで小さく書いてあるだけだというわけです。

個人的にはこのような宣伝方法は近いうちに規制されるのではないかと思っています。

このような支払いの仕組みについて下記の記事で詳しく増えているので興味がある方はそちらもご覧になってみてください。

軽自動車のカーリース料金が1万円以下になるカラクリ

軽自動車のカーリース料金が1万円以下になるカラクリについてお伝えしていきたいと思います。 以前はカーリースといえば法人が当たり前でしたが、最近では個人向けのカーリースの需要も増えてきました。 2018 ...

まとめ

新車に月々1万円から乗れるという宣伝文句は実際には頭金払いやボーナス払いが必要になるため、そのことを理解したうえで利用する必要があります。

ただしこれは必ずしも悪いというわけではなく、ボーナス払いを上手に使うことで月々の負担を減らすことが可能であることも意味しています。

また中古車リースならば本当に月々1万円から利用することができる可能性はあると思います。

料金が安くなっているのにはそれなりの理由があるので、利用する場合はその理由をしっかりと理解したうえで利用するようにしてください。

全国展開しているおすすめ業者

オリックス自動車

カーリースのシェアNo.1の大手リース会社!全メーカー・全車種に対応しており、個人でも法人でも自由に車を選ぶことができます。残価設定がないためシンプルでわかりやすく、契約満了時には車をもらうこともできるようになっています。楽天の公式ショップから利用することで特別な特典を受けることもできるようになっています。カーリースを検討しているなら必ずチェックしておきましょう。

コスモスマートビークル

コスモ石油が提供するカーリースサービス「スマートビークル」!コスモ石油が徹底サポートしてくれるため車のことがよく分からない女性の方やシニアの方に特に人気があります。全メーカー・全車種に対応しているため希望の車が必ず見つかります。さらに業界初!ガソリン代最大5円/リットル割引サービスも実施中。

マイカー賃貸カルモ

カルモはオリックス自動車と提携しているため全国どこでも利用することができるようになっています。スマホから申し込みができる手軽さがあり、カーリースには珍しく1年~11年まで好きな期間で契約することができます。新車に乗りたいけど契約期間は短くしたいという方におすすめのカーリースです。

-料金・見積もり関連
-,

Copyright© カーリースのメリットとデメリットから知る裏事情 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.