カーリースに関する基礎知識

カーリースは汚れがついたら違約金が発生する?

更新日:




カーリースは汚れがついたら違約金が発生するという話を聞いたことがある方は多いと思います。

カーリースはリース会社が購入した車を月々定額で貸し出してくれるサービスです。

そのため車の所有権はリース会社にあり、契約者は使用権が与えられた状態となっています。

アパートの賃貸契約と同じような感じですね。

アパートなどの物件の場合、契約満了時には家の中をきれいにして返すことになると思います。

これは契約者には原状回復の義務があり、経年劣化以外でついた傷や汚れがあった場合は原状回復を行うためのお金が請求されることになるからです。

これがいわゆる違約金というやつですね。

カーリースでも同じことが言えて、ぶつけたりこすったりしてできた傷がある場合は原状回復のための違約金を支払うことになります。

違約金の計算方法

リース会社は返却してもらった車を再リースしたり中古車として売却することで資金を回収します。

いずれの方法を選択したとしてもリース会社は返却してもらった車を次の顧客に渡すために清掃や修復をする必要があります。

いわゆるこれが違約金と呼ばれるものになります。

具体例を挙げてみていきましょう。

例えば残価を60万円に設定していましたが傷が汚れがあったために40万円と査定されたとします。

リース会社は車の価値を元に戻すために専門の業者に依頼したり部品を交換したりするのに20万円必要になるということですね。

この料金を契約者が違約金として負担することになるということです。

一方、残価を60万円に設定していて査定で80万円の値がつくこともあります。

この場合は逆にリース会社から契約者に20万円が支払われることになります。

ただし違約金が発生するかどうかは契約形態によっても異なるのでしっかり確認しておく必要があります。

オープンエンドとクローズドエンド

業者によって異なりますが、一般的には契約の際にオープンエンドとクローズドエンドを選択することになります。

どちらか一方しか用意されていないこともあるので契約する前に確認しておいた方がいいでしょう。

上記で紹介している例はオープンエンドで契約した場合になります。

オープンエンドでは自分で残価を設定できる代わりに契約満了時に残価と実際の価値の差額を精算する必要があります。

自分で設定できる分高めに設定することで月々の料金を安く抑えることができるようになりますが、高く設定しすぎると満了時に精算しなければいけないリスクが高くなります。

また契約満了後に車の買取を行いたい場合はオープンエンドで契約する必要があります(一部例外あり)。

一方、クローズドエンドではリース会社が残価を設定する代わりに契約満了時に精算する必要がなくなります。

この場合だと残価は低めに設定されるためリース料金が高めになることが多いですが満了時に生産するリスクがなくなるのでまとまった費用が必要ありません。

どちらの方法も一長一短ですが、クローズドエンドで契約しておけば汚れや傷などを過度に心配する必要がなくなります。

汚れはどの程度査定に影響する?

契約満了時に行われる査定は中古車販売と同じような感じになります。

そのため内装の汚れに関しては次のようなポイントがチェックされることになります。

  • 常日頃から小まめに掃除をしている形跡があるか
  • タバコの臭いはないか
  • ペットを乗せた形跡がないか
  • シートやフロアマットに飲食物などによる汚れや染みなどはないか
  • シートやフロアマットに破れている箇所はないか

自分が中古車を購入するときのことを考えればイメージしやすいと思いますが、特にタバコの臭いやペットのにおいを気にする方は多いと思います。

これに加えてシートに明らかにジュースなどをこぼしたシミが残っている場合は減点の対象になるでしょう。

こうしたポイントが積み重なっていくと査定金額が安くなってしまい原状回復のための違約金が発生することになります。

違約金を支払わずに済む方法

先ほど挙げたクローズドエンドで契約するのも1つの方法ですが、そのほかにも残価設定がない業者で満了後に車をもらうというのも1つの方法になります。

契約満了後に車が自分のものになればリース会社は再リースや売却の心配をしなくてもよくなります。

車がもらえる理由は契約時に残価設定をしない、つまり契約期間ですべての代金をすでに支払っているからです。

残価設定なしで車がもらえるプランを提供しているのはオリックス自動車とカーコンカーリースの2社になります。

後はマイカー賃貸カルモもオプションを利用することで無料で車がもらえるようになります。

オリックスは残価設定がないにもかかわらずリース料金が最安値になることが多いため非常におすすめの業者です。

汚れを気にせず乗りたいと思っている方はこうした業者を選択するのもいいと思いますよ。

まとめ

カーリースでは業者プランによって契約満了後に違約金を支払う必要が出てきます。

これは車が汚れているだけでも発生することがあり、特にタバコやペットの臭い、飲食物によるシミなどは違約金の対象になりやすいです。

普段からどれだけ車の清掃に気を配っているかも査定に影響するので、汚れで違約金を支払うのが嫌なら定期的に車の掃除を行うようにしましょう。

違約金を支払うのが嫌なら車がもらえるプランに加入するのも一つの方法なので、そういった選択ができる業者を探してみるのもいいと思いますよ。

全国展開しているおすすめ業者

オリックス自動車

カーリースのシェアNo.1の大手リース会社!全メーカー・全車種に対応しており、個人でも法人でも自由に車を選ぶことができます。残価設定がないためシンプルでわかりやすく、契約満了時には車をもらうこともできるようになっています。楽天の公式ショップから利用することで特別な特典を受けることもできるようになっています。カーリースを検討しているなら必ずチェックしておきましょう。

コスモスマートビークル

コスモ石油が提供するカーリースサービス「スマートビークル」!コスモ石油が徹底サポートしてくれるため車のことがよく分からない女性の方やシニアの方に特に人気があります。全メーカー・全車種に対応しているため希望の車が必ず見つかります。さらに業界初!ガソリン代最大5円/リットル割引サービスも実施中。

マイカー賃貸カルモ

カルモはオリックス自動車と提携しているため全国どこでも利用することができるようになっています。スマホから申し込みができる手軽さがあり、カーリースには珍しく1年~11年まで好きな期間で契約することができます。新車に乗りたいけど契約期間は短くしたいという方におすすめのカーリースです。

-カーリースに関する基礎知識
-,

Copyright© カーリースのメリットとデメリットから知る裏事情 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.