カーリースに関する基礎知識

カーリースと残価設定型クレジット(残クレ)の違いを詳しく解説

更新日:




カーリースと残価設定型クレジット(残クレ)の違いを詳しく解説していきたいと思います。

以前までカーリースといえば法人向けのサービスが当たり前でしたが、最近では個人向けカーリースの需要が増えてきています。

2018年には10万件以上増えて合計25万件、2022年には93万件まで伸びるといわれている今成長真っただ中の市場なのです。

ちなみにカーリース全体の契約数は350万件なので差し引きすれば法人向けがどれだけ多いかがわかるでしょう。

一方、最近では残価設定型クレジット(残クレ)あるいは残価設定型ローンというサービスが登場しています。

残クレではあらかじめ残価を設定することでユーザーは実際に使用する期間分だけ料金を支払えばいいシステムになっています。

これだけ聞くとカーリースと同じに聞こえますが実は細かい部分がちょっとずつ違います。

まずはカーリースと残クレの基本的な部分を見ていきましょう。

カーリースとは?

カーリースとはユーザーの代わりにリース会社が車を購入してくれて、それを貸し出してもらえるサービスです。

リース会社が購入しているため所有権はリース会社にありますが使用権はユーザーにあります。

基本的には残価を設定することになっており、実際に使用する分だけを支払う形となります。

残価とは契約満了時のその車の価値のことで、例えば200万円の車を5年契約することになるとだいたい60万円~80万円ぐらいが残価となります。

カーリースは長期契約が基本となっており、プランの中には長期使用に必要になるメンテナンスが含まれているものもあります。

このメンテナンス料金もリース料金に含まれていることが多く、カーリースでは契約満了まで一定の支払のみで利用できるのが最大の特徴となります。

残クレとは?

一方、残クレではカーリースと同じように残価を設定し、実際に利用する分だけを支払う形となります。

支払いの形としてはディーラーに借金をしてそれを月々の支払で返済していくという感じになります。

基本的にはメンテナンスは含まれないようですがプランによってはメンテナンス込みのものもあるようです。

理由は後述しますがカーリースに比べて月々の支払金額が安くなりやすいといわれています。

カーリースと残クレの違い

カーリースと残クレの細かい違いを見ていきたいと思います。

ただしこれからお伝えするのは一般的なもので、プランによっては変更可能だということも頭に入れておいてください。

カーリースでは頭金不要で新車に乗ることができますが、残クレでは本体価格の1割~2割程度頭金として支払うことが多いです。

カーリースにはオープンエンド方式とクローズドエンド方式という契約形態があり、プランによっては契約満了時に精算する必要はありませんが、残クレでは満了時に精算しなければならないものが比較的多いようです。

またカーリースではリース料金に車検や重量税など本体代以外のものも含まれていますが、残クレでは本体代の支払のみになることが多いです。

そのためカーリースの方が月々の負担が大きくなりやすく、残クレは月々の負担が小さくなりやすいです。

ただし支払総額にそこまで差が出るわけではなく、残クレでは車検や税金などを自己負担しなければならないので月によってはまとまったお金が必要になります。

更にカーリースではリース会社によって残価を設定する必要がなかったり、契約満了後に車がもらえたりしますが、残クレではどの業者を利用しても残価を設定しなければならなくなっており、満了後の選択肢も「返却」「乗り換え」「継続(一括買取or分割払い)」に決まっています。

カーリースと残クレの共通点

一方で同じような点もいくつかあります。

  • 走行距離制限がありオーバーすると追徴金が発生
  • 満了時に原状回復の必要がある
  • 金利は残価にもかかる
  • 残価を精算することで買い取れる
  • 途中解約できない

走行距離制限や原状回復については買い取るなら免除になることも多いですが、買取する場合はそれなりにまとまったお金が必要になるのでいざというときに資金不足になることもあると思います。

そのため車の状態については常に気を使いながら使用する必要があるでしょうね。

こんな人におすすめ

カーリースや残クレは次のような方に向いています。

カーリースに向いている人

  • 月々の支払を一定にしたい
  • 維持管理を丸投げしたい
  • そこまで長い距離を走らない人
  • 長期間契約する人

カーリースはメンテナンスプランに加入すると車検や法廷整備などに加えて税金の支払いなどもすべて行ってくれるため維持管理がとても楽になります。

またこれらの料金はすべてリース料金に含まれているためまとまったお金は必要ありません。

基本的には途中解約ができないため長期契約することが前提となります。

リース会社によっては契約満了後に車がもらえるところもあるので、どのようなサービスがあるのか各社を比較してみるのがいいでしょう。

残クレに向いている人

  • 短期間で新車に乗り換える人
  • 頭金やボーナス払いはあっても月々の支払を抑えたい人
  • 維持管理を自分でできる人
  • 丁寧な運転ができる人

残クレには基本的にメンテナンス料金が含まれていません。

そのため車検などをいちいち受けなければいけないのですが、3年間隔で新車に乗り換えればその必要もなくなります。

余計な出費も減りメンテナンスの手間もなくなるためユーザーとしては非常に運用が楽になります。

ただし短い期間で新車に乗り換えると当然その分コストがかかることになります。

また車の状態によっては満了時に残価の精算をする必要があるため、走行距離に気を使ったりきれいに使える方でないと残クレはあまり向いていないでしょう。

まとめ

カーリースと残クレはよく似たサービスですが、細かい部分がちょっとずつ違います。

どちらが優れているということではなく、ライフスタイルに合ったサービスを利用するのがいいでしょう。

ただ残クレは現時点では正規ディーラーしか取り扱っていないので利用する場合はディーラーに足を運ぶ必要があります。

手軽さでいえばカーリースの方が利用しやすいといえるでしょうね。

いずれをの方法で新車に乗るとしても将来の見通しが立っていないと思わぬ出費が発生したりするので、まずは自分の人生設計を見直すところから始めましょう。

全国展開しているおすすめ業者

オリックス自動車

カーリースのシェアNo.1の大手リース会社!全メーカー・全車種に対応しており、個人でも法人でも自由に車を選ぶことができます。残価設定がないためシンプルでわかりやすく、契約満了時には車をもらうこともできるようになっています。楽天の公式ショップから利用することで特別な特典を受けることもできるようになっています。カーリースを検討しているなら必ずチェックしておきましょう。

コスモスマートビークル

コスモ石油が提供するカーリースサービス「スマートビークル」!コスモ石油が徹底サポートしてくれるため車のことがよく分からない女性の方やシニアの方に特に人気があります。全メーカー・全車種に対応しているため希望の車が必ず見つかります。さらに業界初!ガソリン代最大5円/リットル割引サービスも実施中。

マイカー賃貸カルモ

カルモはオリックス自動車と提携しているため全国どこでも利用することができるようになっています。スマホから申し込みができる手軽さがあり、カーリースには珍しく1年~11年まで好きな期間で契約することができます。新車に乗りたいけど契約期間は短くしたいという方におすすめのカーリースです。

-カーリースに関する基礎知識
-, ,

Copyright© カーリースのメリットとデメリットから知る裏事情 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.