カーリースに関する詳しい情報をお伝えしています。

カーリースに関する基礎知識

カーリースの仕組み!法人は断然お得って本当?

投稿日:

カーリースの仕組みをわかりやすくお伝えしていきたいと思います。

以前はカーリースといえば法人が当たり前でしたが、最近では個人向けのマイカーリースも人気を集めています。

しかしインターネットで調べてみるとカーリースはデメリットばかりといった内容の記事や煽りのような記事がたくさん出回っています。

重要なのはカーリースの仕組みをきちんと理解しメリットとデメリットを知っておくことだと思います。

これからカーリースを利用しようと考えている方はぜひ参考にしてください。

カーリースの仕組み

リース会社が車を購入

カーリースでは利用者と契約が終わった後に希望の車をディーラーから買い取ります。

それを期限付きで利用者に貸し出すという形をとっているためどんな車種にも対応してもらえます。

車はリース会社が買い取っているため貸し出せないとマイナスしか残らないため途中で契約を解除したりすることができません。

契約プランによっては満了後に車を買い取ることができたりもします。

残価を設定

カーリースでは利用期間に応じて残価というものを設定します。

残価とはその名称通り残った価値のことで、例えば5年契約したとすると5年後のその車の価値が残価になります。

契約方式によって残価に対する扱いも変わってくるためどのようなプランがあるのかをきちんと把握しておく必要があります。

例えば200万円の車を5年間リースするとして残価が70万円に設定されると残りの130万円を5年間(60ヶ月)の分割で支払っていくことになります。

オープンエンドとクローズドエンドの違いをわかりやすく解説

オープンエンドとクローズドエンドの違いをわかりやすく解説していきたいと思います。 個人向けであっても法人向けであってもカーリースの契約をする際は「オープンエンド方式」か「クローズドエンド方式」を選択す ...

レンタカーとの違い

カーリースはよくレンタカーとどう違うのかと聞かれることがあるのですが、両者には明確な違いがあります。

レンタカーはその名の通り業者が所有している車を貸し出すサービスで基本的に短期間の利用になります。

レンタカーは車のナンバーもわナンバーになることは多くの方が知っていることでしょう。

レンタカーは車の所有者と使用者がどちらもレンタカー会社になります。

一方、カーリースでは車を長期的に貸し出すサービスなのですが、レンタカーとは違い利用者が契約者になります。

そのためわナンバーになることもなく、1台の車を複数人が運転する可能性のあるレンタカーとは違いオーナーは自分だけになることが多いです。

契約期間は5年や7年など長期になることが多く、途中で解約すると違約金が発生します。

料金の内訳は?

カーリースでは車の本体に加えて自動車税や重量税などの税金、法定点検や車検などの整備費用、オイル交換などの消耗品費用なども費用に含まれています。

そのため本体だけを購入するのに比べて割高になると思われがちですが、長期的な目線で見ると月々数千円程度の増額で収まることの方が多いです。

また後で詳しく説明しますが、法人がカーリースを利用するとそのすべてを経費として計上することができるようになっています。

これまでカーリースが法人メインだった理由はこれにあります。

法人が断然お得な理由

税金や保険も経費にできる

先ほども触れたようにカーリースの場合は本体台に加えて税金やメンテナンス費用も経費として計上することができます。

これにより税金の節約にもなるので法人にはカーリースが人気というわけです。

ちなみに購入した場合は固定資産となり、耐用年数が2年を超えるものは減価償却の対象となります。

そのためカーリースの方がコストなどの計算が楽になって財務状況が把握しやすくなります。

頭金が不要

先ほどの話と少しかぶりますが、カーリースでは頭金が不要で月々の負担のみで車に乗ることができます。

会社の運営上まとまったお金を支払うのは次の事業の足を引っ張ることになりかねないので嫌だという人も多いでしょう。

もしもの時のためにもまとまったお金は持っておきたいと思うものですし、そういった面でもカーリースはリスクヘッジになるわけです。

メンテナンスの手間がかからない

車の数が多くなってくるとメンテナンスにかかる手間もかなりのものになってきます。

1台1台を別々に把握する必要もありますし、人件費もかかってしまいますよね。

カーリースにすればそれらの手間をすべてリース会社が引き受けてくれるので管理のための時間や工数も不要になります。

ほかにも法人がカーリースを利用するメリットを以下のページにまとめているので興味のある方はそちらもご覧になってみてください。

法人向けカーリースのメリット

法人向けのカーリースを選択することにはどのようなメリットがあるのでしょうか? 個人向けのカーリースが普及し始めたのはごく最近のことであり、以前はカーリースというと法人向けが当たり前でした。 2018年 ...

まとめ

カーリースは自分の代わりにリース会社が車を購入してくれて、それを分割で利用するような形になります。

残価設定があるため利用期間によって利用料が大きく異なり、長く利用するほど月々の負担が小さくなります。

当たり前ですがカーリースにはメリットとデメリットがあり、特に個人向けプランを利用しよと思っている場合はそれらをきちんと把握しておく必要があります。

カーリースを選択するメリット【個人向け】

個人向けのカーリースを選択することにはどのようなメリットがあるのでしょうか? 近年、若者の車離れが深刻化する中でカーリースを選択する人も増えてきました。 一般社団法人日本自動車リース協会連合会が発表し ...

カーリースを選択するデメリット【個人向け】

個人向けのカーリースを選択することにはどのようなデメリットがあるのでしょうか? 近年、若者の車離れが深刻化する中でカーリースを選択する人も増えてきました。 一般社団法人日本自動車リース協会連合会が発表 ...

カーリースが向いている方とそうでない方がいるので自分がどちらに当てはまるのかをよく考えたうえで利用するかどうかを決めるようにしてください。

-カーリースに関する基礎知識
-,

Copyright© カーリースのメリットとデメリットから知る裏事情 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.