料金・見積もり関連

シエンタのカーリース料金を比較してみた

更新日:




トヨタの人気車種であるシエンタのカーリース料金を大手カーリース会社で比較していきたいと思います。

シエンタは発売当初はそこまで人気のある車ではありませんでしたが、2015年にフルモデルチェンジをしたことをきっかけに販売台数が急増しました。

ここまで人気が出たり理由はいろいろあるのですが、このころはちょうどフリードがヒットしていた時でもありトヨタで同じようなミニバンを開発してくれないかと思っていた方は多かったと思います。

世界的にも車のダウンサイジングが起きていたこともあり、コンパクトミニバンの需要は伸びていたことも功を奏したといえるでしょう。

個人的には渡辺直美さんのイメージが強いシエンタですが、サイズ感や価格が時代にマッチした故の大ヒットといえるでしょう。

ここでは筆者がおすすめする大手リース会社3社でシエンタをリースした際の料金などを比較していきたいと思います。

おすすめする3社に関する情報は以下のページに詳しく記載しているので興味のある方はそちらもご覧になってみてください。

個人向けのカーリースおすすめランキングベスト3

個人向けのカーリースおすすめランキングベスト3をお伝えしていきたいと思います。 以前はカーリースといえば法人が当たり前でしたが最近では個人向けのカーリースの需要も増加傾向にあります。 2018年には約 ...

実際に見積もりをした結果は次の通りです。

契約条件オリックスコスモカルモ
3年-57,996円57,742円
5年40,392円45,792円45,711円
7年34,668円39,852円40,060円
9年29,268円-34,843円
グレードX7人乗り1500ccX7人乗り1500ccX7人乗り1500cc
走行距離制限月2000km月1000km
(変更可能)
月1500km
オプションカーナビ
ETC
マット
カーナビ
ETC
カーナビ
ETC
マット
頭金なしなしなし
ボーナス払いなし(変更可能)なし(変更可能)なし
契約満了後もらえる(プランによる)買取可能もらえる(プランによる)

上記の3社で違う点はオリックスには残価設定がなく、コスモには残価設定があり、カルモでは残価設定をするかどうかを選べるという点です。

残価設定についての詳しい解説はここでは割愛しますが、残価設定がないとすべての料金を契約者が負担することになるのでリース料が高くなりやすい反面契約満了後に車がもらえるというメリットがあります。

ただし車をもらった方が得をするかどうかはまた別の話になります。

残価設定がある場合はリース料金が抑えられるメリットがありますが、契約プランによっては残価を精算する必要が出てきます。

なので上記に表示されている料金以外にも支払う可能性がある会社も存在するということだけは覚えておきましょう。

シエンタはミニバンの中ではコンパクトなサイズであるため女性にも人気のある車種となっています。

本体価格もミニバンの中でも安い方に入るのでファミリー層でも求めやすくなっているのでしょう。

オリックス

3社の中では最も安くリースすることができるようになっています。

シエンタは人気車種であるためオリックスでも特選車として取り扱われることが多く、ほかの車と比較して安くリースできる傾向にあります。

ミニバンで3万円を切る価格でリースできるのはシエンタだけでしょう。

家族が増えて広い車に乗りたくなったという方で新車を購入するのはちょっと負担が大きいという方にも非常におすすめです。

まだリースする業者を決めていないのなら取り合えずオリックスを利用しておけば間違いないと思いますよ。

コスモ

コスモは9年契約がない代わりに3年という短期で契約できるようになっています。

普段からあまり長い距離を走らず、短い期間で契約したいと思っている方はコスモを利用するのがいいでしょう。

価格的にはカルモと同程度になっていますが、コスモでは給油割引も適用されるので維持管理に必要な費用も少しは節約することができるでしょう。

シエンタは人気車種であるためオープンエンドで契約したとしても残価を下回ってしまう可能性は低いと思います。

長期契約ではオリックスの方がお得ですが、3年程度の契約ならコスモを利用するのがいいでしょう。

カルモ

プラン自体はオリックスと似たような感じになっているのですが料金面ではあと一歩及ばないといった感じですね。

にもかかわらずカルモをお勧めとしてあげている理由は契約年数を1年~11年で好きに変更することができるからです。

新車の短期リースはかなり料金が高くなってしまうので取り扱っているところはほとんどありませんが、中古車ではだめだという方はカルモで短期リースを行うのがいいでしょう。

ただし短期リースにするとあまりメリットがなくなることも事実なので、料金面のことをよく考えたうえでリースするかどうかを決めたほうがいいでしょう。

短期リースなら中古車のリースも視野に入れておいた方がいいと思いますよ。

大手以外の業者だと地元に密着型の業者なんかも見つかると思います。

中には中古車だけを扱っているところもありますし、地元密着ならではの強みを持ったところもあります。

大手リース会社のプランがしっくりこない場合は住んでいる地域のカーリース業者を探してみてもいいかもしれませんね。

全国展開しているおすすめ業者

オリックス自動車

カーリースのシェアNo.1の大手リース会社!全メーカー・全車種に対応しており、個人でも法人でも自由に車を選ぶことができます。残価設定がないためシンプルでわかりやすく、契約満了時には車をもらうこともできるようになっています。楽天の公式ショップから利用することで特別な特典を受けることもできるようになっています。カーリースを検討しているなら必ずチェックしておきましょう。

コスモスマートビークル

コスモ石油が提供するカーリースサービス「スマートビークル」!コスモ石油が徹底サポートしてくれるため車のことがよく分からない女性の方やシニアの方に特に人気があります。全メーカー・全車種に対応しているため希望の車が必ず見つかります。さらに業界初!ガソリン代最大5円/リットル割引サービスも実施中。

マイカー賃貸カルモ

カルモはオリックス自動車と提携しているため全国どこでも利用することができるようになっています。スマホから申し込みができる手軽さがあり、カーリースには珍しく1年~11年まで好きな期間で契約することができます。新車に乗りたいけど契約期間は短くしたいという方におすすめのカーリースです。

-料金・見積もり関連
-, ,

Copyright© カーリースのメリットとデメリットから知る裏事情 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.