料金・見積もり関連

法人向けカーリースでアクアの料金はどれくらい?

更新日:

法人向けカーリースでアクアの料金はどれくらいになるのか調べていきたいと思います。

最近では個人向けのカーリースの数も増えてきましたが、割合から言えばまだまだ法人向けカーリースの方が圧倒的に多いです。

2018年度で個人向けが約25万台の契約数だったのに対して法人向けは約325万台の契約数だったからです。

これだけ利用されるからには当然それに見合うメリットがあるわけです。

法人向けカーリースのメリット

法人向けカーリースには次のようなメリットがあります。

  • 頭金が不要!初期費用が抑えられる
  • 経費扱いで節税になる
  • メンテナンス・車検にかかる手間が少ない
  • 車両入替が楽

法人では事業拡大のためにまとまったお金が必要になることもあるため、できれば余計な出費は抑えたいところですよね。

カーリースなら頭金が不要で月々の決まった負担だけで車を利用することができるので法人にとっても大助かりというわけです。

また車を一括で購入した場合は減価償却が適用され、出費に対して経費に計上できる金額が少なくなってしまう傾向にあります。

しかしカーリースなら月々の負担を全額経費として計上することができるので節税にもなるというわけです。

更に車が多くなってくると維持・管理も大変になってきますが、カーリースならその辺の管理も非常に楽になります。

このようなメリットがあるため昔からカーリースは法人で人気があるというわけです。

法人向けカーリースのデメリット

それに対してわずかながらデメリットがあることも事実です。

  • 距離制限がある
  • 途中解約はできない
  • 支払総額が高くなることもある

1番のデメリットは距離制限があることでしょう。

事業に使うとなるとそれなりに距離を走ることも多くなると思いますが、ほとんどの業者で走行距離は1000km~2000km/月というように決まっています。

これをオーバーしてしまうと違約金を支払わなければならなくなるので、走行距離はシビアに管理しなければいけません。

また一度契約すると途中で解約することはできず、解約するとなると違約金が発生します。

そのため長く使う気がないならリースはあまり向いていません。

購入と比べて支払総額が高くなりがちなのもデメリットの一つなので、どのように車を使っていくのかをよく考えたうえで購入するかリースにするかを決める必要があるでしょう。

おすすめの業者

とはいってもデメリットよりは圧倒的にメリットの方が大きいのが法人向けカーリースの特徴です。

特に全額経費で落とせるというのは経営者にとっては魅力的でしょう。

法人向けカーリースを提供している業者はたくさんあるのですが、その中でも圧倒的にシェアが多いのがオリックス自動車になります。

オリックスはいち早くリース業を展開しており、規模もノウハウも最大級のものになっています。

契約プランは自分で自由にカスタマイズできるのも人気の一つであり、法人でカーリースを検討しているなら外せない業者であることは間違いないでしょう。

どこがいいのかわからないという場合はとりあえずオリックスを検討しておけばいいと思います。

オリックスでアクアをリースした時の料金

オリックスでアクアをリースした時の料金を調べてみました。

オリックスではファイナンスリースとメンテナンスリースを選ぶことになるので、それぞれの料金を契約年数と走行距離に分けて比較してみました。

ファイナンスリースとメンテナンスリースの違いは次のようになっています(公式サイトより引用)。

リース料に含まれるものファイナンスリースメンテナンスリース
クルマの調達と維持にかかる費用車両本体価格
自動車取得税
新車登録時の諸費用
自動車税
自動車重量税初回のみ全期間
自賠責保険料初回のみ全期間
整備にかかる費用リース期間中の車検・点検・整備-
一般整備・一般消耗部品交換-
バッテリー交換・オイル交換 ※1-
タイヤ交換 ※2-
代車提供 ※3-

※1 当社が別途定める交換基準による
※2 夏タイヤのみ。冬タイヤの装着は追加料金となります
※3 事故時を除き、車検・修理で48時間以上の所要が見込まれる場合

ファイナンスリースの場合

走行距離制限3年4年5年6年7年
~500km37,800円35,532円32,616円30,456円28,728円
~1000km39,096円36,504円33,480円31,320円29,052円
~1500km40,500円37,368円34,452円32,184円29,484円
~2000km41,796円38,232円35,208円--
~2500km43,092円39,096円---

メンテナンスリースの場合

走行距離制限3年4年5年6年7年
~500km41,688円40,716円38,124円37,152円34,776円
~1000km43,416円42,120円39,420円38,556円35,748円
~1500km45,360円43,632円41,148円40,716円37,476円
~2000km47,304円45,252円43,308円--
~2500km49,680円48,060円---

上記にもあるようにメンテナンスリースを選択するとリース後の維持管理も非常に楽になるので、法人には特にメンテナンスリースが人気となっています。

契約年数によっては選べない走行距離もあるのですが、実店舗で相談することで利用できることもあるようなので、当てはまる方は一度店舗に足を運んでみるといいでしょう。

まとめ

法人向けカーリースは全額経費で落とせることに加えてメンテナンスリースを選べば維持管理も非常に簡単になります。

法人向けカーリースを提供している業者はたくさんありますが、その中でもオリックス自動車のシェアが非常に多くなっています。

その理由は契約プランがシンプルでわかりやすく、他社と比べても安くリースできることが多いからでしょう。

業者選びに悩んでいる方はとりあえずオリックスを利用してみることをお勧めします。

全国展開しているおすすめ業者

オリックス自動車

カーリースのシェアNo.1の大手リース会社!全メーカー・全車種に対応しており、個人でも法人でも自由に車を選ぶことができます。残価設定がないためシンプルでわかりやすく、契約満了時には車をもらうこともできるようになっています。楽天の公式ショップから利用することで特別な特典を受けることもできるようになっています。カーリースを検討しているなら必ずチェックしておきましょう。

コスモスマートビークル

コスモ石油が提供するカーリースサービス「スマートビークル」!コスモ石油が徹底サポートしてくれるため車のことがよく分からない女性の方やシニアの方に特に人気があります。全メーカー・全車種に対応しているため希望の車が必ず見つかります。さらに業界初!ガソリン代最大5円/リットル割引サービスも実施中。

マイカー賃貸カルモ

カルモはオリックス自動車と提携しているため全国どこでも利用することができるようになっています。スマホから申し込みができる手軽さがあり、カーリースには珍しく1年~11年まで好きな期間で契約することができます。新車に乗りたいけど契約期間は短くしたいという方におすすめのカーリースです。

-料金・見積もり関連
-, ,

Copyright© カーリースのメリットとデメリットから知る裏事情 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.