料金・見積もり関連

オニキスのカーリースについて詳しく解説

更新日:




オニキスのカーリースについて詳しく解説していきたいと思います。

オニキスは全国展開している自動車販売の会社で、残価設定ローン「ワンナップシステム」で話題を集めました。

当時は残価設定ローンを取り扱っているところは少なく、利用する分だけというわかりやすい料金設定が人気を集めたようです。

しかしその後はメーカー系ディーラーも残価設定ローンを取り扱うようになりオニキスの独自性が薄れてきました。

そこで次に目を付けたのがカーリースでした。

リースのブランド立ち上げにあたり船井総合研究所(船井総研、高嶋栄社長、大阪市中央区)と共同で自動車リース商談マニュアルを作成し、フラット7というリース商品を開発しました。

試験的に行ったトライアル販売では購入者の7割が新規客であり定額というわかりやすい料金設定が女性の関心を引いたとのこと。

フラット7ってどんな商品?

フラット7を簡単に説明すると7年契約で月々定額で利用することができるリースプランです。

料金の中にはメンテナンス費用も含まれており車検やオイル交換も無料で受けることができるようになっています。

新車の軽自動車に月々1万円で乗ることができるというのが最大の売りのようですね。

公式サイトを見てみると毎月の支払に加えてボーナス加算がついているのが通常のプランのようです。

安い軽自動車では毎月のリース料金が月々8800円で、ボーナス月にはそれに33000円プラスするという感じでしたね。

フラット7の詳細については以下のページに詳しくまとめているので参考にしてください。

カーリースのフラット7について徹底的に調べてみた

カーリースのフラット7について徹底的に調べていきたいと思います。 フラット7は株式会社オートコミュニケーションズが2015年から取り扱いを開始したカーリースサービスです。 株式会社オートコミュニケーシ ...

オニキスのリース料金は安い?

オニキスのリース料金は安いのか比較してみたいと思います。

今回はダイハツのミライース(グレードL)でオリックス自動車のリース料金と比較してみたいと思います。

ミライースはオニキスなら最も安い価格帯で利用できるため8800×84回+33000円×14回という料金になり、総額は120万1200円となります。

なおオニキスでは車検費用とオイル代、オプションとしてマットとバイザー代まではリース料金に含まれています。

ETCやカーナビが必要な場合は別途オプションを追加する必要があります。

これと全く同じ条件でオリックスで見積もりを取ってみたところ16,610円×84回という料金になり、総額は139万5240円でした。

こうしてみると約19万円も安くなっているのでオニキスはお得であるといえるかもしれません。

ただし料金に車検代とオイル代が入っているとは言いましたがその他のメンテナンス費用については別途パックをセットする必要があります。

スタンダードプランでは月々2700円、プレミアムプランでは月々4860円の料金が発生し、これがないと車をきちんと整備することができないので7年間も乗るのならほぼほぼ必須であるといえます。

付けなかった場合はもちろんその都度自分で負担になりますね。

仮にスタンダードプランを付けたとすると総額で22万6800円の増額になるので先ほどの料金と合わせて約144万円となります。

ここまでしてようやくオリックスの提供しているプランと同じレベルになりますね。

つまり表示されている料金は必要最低限のもので、実際に車に乗るためには追加料金が必要になるということですね。

総合的に判断するとオリックスの方が安く収まりそうです。

例外もある?

オニキスは全国展開しているチェーン店で、各店舗はフラット7を提供しているはずなのですが、調べてみるとオニキス八王子が提供しているプランはフラット7ではありませんでした。

もしかしたらフラット7への加盟は必須ではなく各店舗の裁量に任せられてるのかもしれません。

ただ親会社としてはこれはどうなんですかね?

ある意味クーデターのような感じにも受け取れますが(笑)。

ここでは1社だけあげましたがもしかしたら調べればほかにもあるかもしれませんね。

オニキスを利用する場合の注意点

オニキスを利用する場合の注意点は2つあります。

1つは支払方法です。

先ほども上げたように月々均等ではなくボーナス加算が含まれている形になっています。

人によっては毎月同じ金額の方がいいという方もいると思いますのでその場合はオリックスなどを利用したほうがいいでしょう。

2つ目はメンテナンスの有無です。

オニキスのリース料金の中にはオイル代金や車検代金などは含まれていましたがその他のメンテナンスを付けたい場合は別途パックを付帯する必要があります。

例えばその中にはオイル交換も含まれており、おそらくリース代金だけではオイルは代えても交換まではしてくれないようになっています。

その他にも長く乗るためiは必要不可欠なものばかりなのでメンテナスパックを付けておくことをお勧めします。

まとめ

オニキスは2015年からリース業界に参入してきた後発組です。

オリックスやコスモ石油に比べるとまだ知名度は低く契約数もそこまで多くありません。

リース料金を比較してもオリックスの方が安かったのでそこまで大きなメリットがあるわけでもありません。

店舗は関西に多く分布しているようなので住んでいる地域に店舗があるなら利用を検討してみてもいいかもしれませんね。

店舗が近くにあればメンテナンスなどが楽になりますし。

利用する場合は契約内容やリース料金をしっかりと確認したうえで契約するようにしてください。

全国展開しているおすすめ業者

オリックス自動車

カーリースのシェアNo.1の大手リース会社!全メーカー・全車種に対応しており、個人でも法人でも自由に車を選ぶことができます。残価設定がないためシンプルでわかりやすく、契約満了時には車をもらうこともできるようになっています。楽天の公式ショップから利用することで特別な特典を受けることもできるようになっています。カーリースを検討しているなら必ずチェックしておきましょう。

コスモスマートビークル

コスモ石油が提供するカーリースサービス「スマートビークル」!コスモ石油が徹底サポートしてくれるため車のことがよく分からない女性の方やシニアの方に特に人気があります。全メーカー・全車種に対応しているため希望の車が必ず見つかります。さらに業界初!ガソリン代最大5円/リットル割引サービスも実施中。

マイカー賃貸カルモ

カルモはオリックス自動車と提携しているため全国どこでも利用することができるようになっています。スマホから申し込みができる手軽さがあり、カーリースには珍しく1年~11年まで好きな期間で契約することができます。新車に乗りたいけど契約期間は短くしたいという方におすすめのカーリースです。

-料金・見積もり関連
-,

Copyright© カーリースのメリットとデメリットから知る裏事情 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.