料金・見積もり関連

SUVをリースするならどの車がおすすめ?

更新日:




SUVをリースするならどの車がおすすめなのか調べていきたいと思います。

最近はSUVと呼ばれる車が人気を集めており、新車販売ランキングトップ50の3分の1ぐらいはSUVとなっています。

いつから人気があるのか正確な時期はわかりませんが、2000年に登場したエクストレイルが人気の火付け役だともいわれています。

そもそもSUVには明確な定義があるわけではなく、Sports Utility Vehicleの頭文字をとってSUVとなっています。

簡単に言うと車内の居住性に加えて走行性能も優れた車ということですね。

今ではその人気にあやかりクロスオーバーSUVやコンパクトSUVといったジャンルも登場しています。

なぜSUVが人気に?

1980年代はセダンタイプ、1996年にホンダがステップワゴンを開発してからはミニバンが人気を集めてきました。

今もミニバン人気は続いていますが徐々にSUVに人気を奪われつつあります。

意見はいろいろあるのですが一番大きな要因は家族の人数にあると思われます。

以前は子供の数が多くファミリーカーとして利用するなら大きな車必要でした。

しかし最近は少子化の傾向にあり共働きの世代も増えてきています。

そうなるとより実用的な車が求められることになり、家族の人数も子供が3人いれば多いといわれるのは間違いないでしょう。

つまり車の大きさ的にはSUVぐらいの広さがあれば十分ですし、子供が巣立っていけばミニバンほど大きな車はむしろ邪魔になるというわけです。

またSUVの種類の豊富さも人気に拍車をかけています。

一口にSUVといってもアウトドアに重点を置いた車もあればミニバン寄りに作られたSUVもあったり走行性能を重視したものもあります。

つまりライフタイルに合った車を選ぼうと思ったら自然とSUVが候補に来るようになっているんですね。

人気のSUVは?

2019年度5月のSUVの売上ランキングは次のようになっています。

1位 トヨタ RAV4 6,817台
2位 ホンダ ヴェゼル 4,818台
3位 スズキ ハスラー 4,367台
4位 トヨタ C-HR 4,208台
5位 トヨタ ハリアー 2,929台
6位 日産 エクストレイル 2,713台
7位 スバル フォレスター 2,527台
8位 スズキ ジムニー 2,373台
9位 マツダ CX-5 2,199台
10位 スズキ クロスビー 1,978台

トヨタのRAV4は販売されたばかりなので数か月たてばもう少し販売台数が落ち込んでいきます。

2013年から販売されているホンダのヴェゼルは2016年までSUVの部門で常に1位でしたが、のちに登場するトヨタのC-HRにその座を奪われていました。

しかし2019年になるとヴェゼルが首位を奪い返します。

この背景にはRAV4の登場によってC-HRと人気が二分したからではないかといわれていますが、ヴェゼル自身もマイナーチェンジにより複数のグレードが登場したことが好調の要因ともいわれています。

軽自動車SUVではスズキのハスラーが独走状態にあり、時点のジムニーやクロスビーもスズキであることから軽自動車SUVの天下は今後しばらく続くでしょう。

このランキングを支持するならコンパクトSUVならヴェゼル、軽自動車ならハスラー、アウトドア向きならエクストレイルを選択するのがいいでしょう。

SUVのリース料金比較

上記で上げた上位10車種のリース料金を比較してみたいと思います。

見積もりはオリックス自動車で行っており、オプションでカーナビとETCを付けています。

車種5年7年9年グレード
RAV467,430円55,000円45,870円4WD 5ドア X
ヴェゼル50,380円43,780円36,520円4WD 5ドア G・Honda SENSING
ハスラー35,530円29,590円23,760円4WD 5ドア G
C-HR61,820円55,660円44,990円4WD 5ドア G-T
ハリアー77,660円67,210円54,340円4WD 5ドア PREMIUM
エクストレイル66,990円55,990円45,320円4WD 5ドア 20S HYBRID 5人
フォレスター72,050円60,500円49,280円4WD 5ドア X-BREAK
ジムニー37,180円30,800円25,410円4WD 3ドア XL
CX-572,160円60,610円49,390円4WD 5ドア 25S プロアクティブ
クロスビー48,950円40,260円32,780円4WD 5ドア HYBRID MX

やはり料金だけを見ると軽自動車SUVが圧倒的に安くなっていますね。

この価格からもハスラーの人気がなぜ高いのかわかるような気がします。

コンパクトSUVでは9年契約でヴェゼルが他車よりも1万円ぐらい安くなっています。

ライバルであるC-HRとはこれだけ料金に差があるのに販売台数には大きな違いはないため改めてトヨタブランドの力のすごさがわかりますね。

ただ先ほども触れたようにSUVの決め手は価格だけではなく目的に応じて変わると思います。

悪路に強いアウトドア用にSUVを購入しようとしている人はヴェゼルやC-HRよりもハスラーやジムニー、エクストレイルの方に魅力を感じるでしょう。

目的に応じて最適な車種が変わるのもSUVのいいところなので、料金ももちろん大事ですがどのように使うかを考えて車種を選択するようにしましょう。

とはいえ個人的にはやはりコンパクトSUVのヴェゼルや軽自動車SUVのハスラーあたりがおすすめです。

どのような乗り心地なのか気にある方は店舗に足を運んで試乗してみてください。

まとめ

SUVは時代のニーズに合わせていろいろな変化を遂げてきた車です。

そのため一口にSUVといっても車の性格が全く違うものになっています。

ファミリーカーとして人気の車種もあればアウトドアに人気の車種もあり、ライフスタイルに合わせて選べるのも魅力の一つとなっています。

それぞれの車に特性があるのでどの車がいいのかわからないという方は一度店舗に足を運んで試乗してみるといいでしょう。

今回は料金の違いをわかりやすくするためにオリックスのみで見積もりを取っていますが、実際に利用する場合は複数社から見積もりを取って比較してみることをお勧めします。

全国展開しているおすすめ業者

オリックス自動車

カーリースのシェアNo.1の大手リース会社!全メーカー・全車種に対応しており、個人でも法人でも自由に車を選ぶことができます。残価設定がないためシンプルでわかりやすく、契約満了時には車をもらうこともできるようになっています。楽天の公式ショップから利用することで特別な特典を受けることもできるようになっています。カーリースを検討しているなら必ずチェックしておきましょう。

コスモスマートビークル

コスモ石油が提供するカーリースサービス「スマートビークル」!コスモ石油が徹底サポートしてくれるため車のことがよく分からない女性の方やシニアの方に特に人気があります。全メーカー・全車種に対応しているため希望の車が必ず見つかります。さらに業界初!ガソリン代最大5円/リットル割引サービスも実施中。

マイカー賃貸カルモ

カルモはオリックス自動車と提携しているため全国どこでも利用することができるようになっています。スマホから申し込みができる手軽さがあり、カーリースには珍しく1年~11年まで好きな期間で契約することができます。新車に乗りたいけど契約期間は短くしたいという方におすすめのカーリースです。

-料金・見積もり関連
-, ,

Copyright© カーリースのメリットとデメリットから知る裏事情 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.