料金・見積もり関連

カーリースで月額料金を抑える3つのポイント

更新日:

カーリースで月額料金を抑える3つのポイントをお伝えしていきたいと思います。

最近はテレビでカーリースのCMを見ることも増えてきましたが、それだけ需要が伸びてきたということでもあります。

個人向けカーリースは2018年までに約25万件の契約数があり、2022年までにこれが93万台まで伸びるといわれています。

そのためリース会社にとっては今のうちに顧客を獲得しておくことがとても重要なんですね。

各社あの手この手で顧客を獲得しようとしているのですが、最近の売り文句は若干誇大広告のような気がしないでもないですね。

中には月々8000円~というところもありますが、実際にリースするとこの金額だけでは利用できないことがすぐにわかります。

ここでは月々8000円は無理でも少しでも負担を抑えることができる3つの方法を紹介していきたいと思います。

本体価格の安い車をリースする

カーリースの料金の中には本体価格のほかに車検料金や税金などが含まれていますが、大半を占めるのは本体価格です。

そのため本体価格が安い車を選べばそれだけリース料金を抑えることができます。

軽自動車で安い車

普通車に比べるとやはり軽自動車の方が安く購入できる傾向にあります。

価格だけを見ると軽自動車の料金は以下のようになっています。

  • ダイハツ ミライース B(2WD)・・・・842,400円
  • スズキ アルト F(2WD)・・・847,800円
  • マツダ キャロル GF(2WD)・・・847,800円
  • スバル プレオプラス F(2WD)・・・896,400円
  • ホンダ N-WGN C(2WD)・・・1,090,000円
  • 三菱 ekワゴン E e-Assist(2WD)・・・1,109,160円
  • 日産 デイズ J(2WD)・・・1,157,760円

ダイハツのミライースが圧倒的に安くそれをアルトやキャロルが追随しているという感じですね。

この関係はリースになっても全く一緒で、ミライースやアルトは割安でリースすることができるようになっています。

普通車で安い車

ただ乗り方によっては軽自動車では物足りないという方や不安という方もいると思います。

普通車でも車種を気にしなければ安い車はたくさんあります。

  • トヨタ パッソ・・・1,090,000円~
  • ダイハツ ブーン・・・1,090,000円~
  • ニッサン マーチ・・・1,066,000円~
  • トヨタ ヴィッツ・・・1,227,000円~
  • スズキ イグニス・・・1,280,000円~
  • 三菱 ミラージュ・・・1,278,000円~

普通車ではいわゆるコンパクトカーと呼ばれるものが安い傾向にあります。

トヨタのパッソを見るとへたすると軽より安くなることもありますし、車種を気にしなければかなり安く乗ることができるのは間違いないでしょう。

契約期間を長く設定する

契約期間が長くなればそれだけメンテナンス費用などが多くなり総額としては高くなる傾向にありますが、最も大きな割合を占める本体価格を長い期間で割ることができるようになるのでその分月々の負担が少なくなります。

例えばオリックス自動車のカーリースでパッソをリースするとしたら契約年数によって以下のように料金が変わっていきます。

  • 5年契約・・・31,968円/月
  • 7年契約・・・27,540円/月
  • 9年契約・・・22,788円/月

9年契約にすれば月々の負担が2万円ちょっとなのでこれはかなり安いと思います。

もちろん必要なメンテナンス費などすべて込でこの価格です。

月々の負担がずっと同じというのもリースの大きなメリットですね。

頭金・ボーナス払いを利用する

リース料金の支払い方法には月々の負担を均等にする方法と、頭金やボーナス払いを設定して月々の負担を軽くする方法があります。

ある程度まとまったお金が必要になりますが月々の負担が小さくなるので少し高価な車にも手軽に乗ることができるようになるメリットがあります。

例えばコスモスマートビークルで先ほどと同じようにパッソの見積もりを取ってみました。

頭金ボーナス払い無しだと7年契約で30,888円/月という見積もりになりました。

これに年2回のボーナス払い5万円を加えると22,680円/月という料金になりました。

ボーナス払いを加えるだけでかなり安くなりましたね。

今度はボーナス払いを無しにして頭金30万円の支払いをありにしたところ26,676円/月という料金になりました。

最後に頭金払いをボーナス払いの2つを合わせると18,360円/月という料金になりました。

このように支払い方を工夫すると月々の負担を軽くすることができますので、まとまったお金が用意できる場合は試してみるといいでしょう。

まとめ

カーリースは車種を工夫したり支払い方法を工夫することで月々の負担を軽くすることができます。

車を全く使わずに生活できる方というのはかなりまれだと思うので、同じ使うのであればできるだけ負担が軽くなるように工夫するのがいいでしょう。

購入するのはいやだけど車を運転したいという方にリースは向いているので、ぜひこの機会に検討してみてください。

全国展開しているおすすめ業者

オリックス自動車

カーリースのシェアNo.1の大手リース会社!全メーカー・全車種に対応しており、個人でも法人でも自由に車を選ぶことができます。残価設定がないためシンプルでわかりやすく、契約満了時には車をもらうこともできるようになっています。楽天の公式ショップから利用することで特別な特典を受けることもできるようになっています。カーリースを検討しているなら必ずチェックしておきましょう。

コスモスマートビークル

コスモ石油が提供するカーリースサービス「スマートビークル」!コスモ石油が徹底サポートしてくれるため車のことがよく分からない女性の方やシニアの方に特に人気があります。全メーカー・全車種に対応しているため希望の車が必ず見つかります。さらに業界初!ガソリン代最大5円/リットル割引サービスも実施中。

マイカー賃貸カルモ

カルモはオリックス自動車と提携しているため全国どこでも利用することができるようになっています。スマホから申し込みができる手軽さがあり、カーリースには珍しく1年~11年まで好きな期間で契約することができます。新車に乗りたいけど契約期間は短くしたいという方におすすめのカーリースです。

-料金・見積もり関連
-,

Copyright© カーリースのメリットとデメリットから知る裏事情 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.