料金・見積もり関連

ランドクルーザーのカーリース料金を比較してみた

更新日:




トヨタの人気車種であるランドクルーザーのカーリース料金を大手リース会社で比較していきたいと思います。

ランドクルーザーはクロスカントリー車として世界的に有名で、快適な乗り心地と高い耐久性を持っています。

ダカールラリーでは出場車の大半がランドクルーザーだったこともあるほど人気の車種となっています。

日本では「ランクル」の愛称で親しまれていますね。

現在は200系が販売されていますが、見た目からしていかついので街中で見たことがあるという方はあまりいないのではないでしょうか。

日本では規制の関係で販売停止となったかつての70系は2014年から1015年の間だけ再版されたことがあり、一部のファンは歓喜したそうです。

2020年にふたたび復刻されるのではという噂もあるようですが、真偽のほどは定かではありません。

また1990年からはランドクルーザー 70系の派生車種でライトデューティ用途として位置付けられたランドクルーザープラドも販売されています。

ただ見た目からもわかると思いますが大型でごつい高級車なので購入しようと思ったらそれなりの費用が掛かることになります。

もっと手軽にランドクルーザーに乗る方法はないのか?

ここでは筆者がおすすめする大手リース会社3社でランドクルーザーをリースした際の料金などを比較していきたいと思います。

おすすめする3社に関する情報は以下のページに詳しく記載しているので興味のある方はそちらもご覧になってみてください。

個人向けのカーリースおすすめランキングベスト3

個人向けのカーリースおすすめランキングベスト3をお伝えしていきたいと思います。 以前はカーリースといえば法人が当たり前でしたが最近では個人向けのカーリースの需要も増加傾向にあります。 2018年には約 ...

実際に見積もりをした結果は次の通りです。

ランドクルーザー

契約条件オリックスコスモカルモ
3年-要問合せ83,537円
5年111,780円要問合せ77,132円
7年101,304円要問合せ91,864円
9年82,296円-77,035円
グレードAX8人乗りAX8人乗りAX8人乗り
走行距離制限月2000km月1000km
(変更可能)
月1500km
オプションカーナビ
ETC
マット
カーナビ
ETC
カーナビ
ETC
マット
メンテナンス無し
頭金なしなしなし
ボーナス払いなし(変更可能)なし(変更可能)なし
契約満了後もらえる(プランによる)買取可能もらえる(プランによる)

ランドクルーザープラド

契約条件オリックスコスモカルモ
3年-78,516円52,454円
5年77,328円64,584円50,251円
7年69,120円59,724円63,460円
9年56,160円-53,383円
グレードTX5人乗り2700ccガソリンTX5人乗り2700ccガソリンTX5人乗り2700ccガソリン
走行距離制限月2000km月1000km
(変更可能)
月1500km
オプションカーナビ
ETC
マット
カーナビ
ETC
カーナビ
ETC
マット
メンテナンス無し
頭金なしなしなし
ボーナス払いなし(変更可能)なし(変更可能)なし
契約満了後もらえる(プランによる)買取可能もらえる(プランによる)

上記の3社で違う点はオリックスには残価設定がなく、コスモには残価設定があり、カルモでは残価設定をするかどうかを選べるという点です。

残価設定についての詳しい解説はここでは割愛しますが、残価設定がないとすべての料金を契約者が負担することになるのでリース料が高くなりやすい反面契約満了後に車がもらえるというメリットがあります。

ただし車をもらった方が得をするかどうかはまた別の話になります。

残価設定がある場合はリース料金が抑えられるメリットがありますが、契約プランによっては残価を精算する必要が出てきます。

なので上記に表示されている料金以外にも支払う可能性がある会社も存在するということだけは覚えておきましょう。

またランドクルーザーほどの高級車になると残価もそれなりに高くなるので、残価設定がないオリックスは料金が高めになってしまう傾向にありますね。

そういった点も踏まえながら詳しくみていきましょう。

オリックス

オリックスでは多くの車を安くリースすることができますが、高級車に限ってはそうならないことも多いです。

その理由は先ほども言ったように残価設定がないからです。

ランドクルーザーぐらいになると中古車でもそれなりの価格となります。

ラリーに出るくらいですから耐久性も高く長く乗ることができますからね。

もともとの料金が高いこともあってランドクルーザーのリース料金はかなり高めになっていますね。

プラドの方はランドクルーザーに比べたらだいぶ割安でリースできるようになっていますがそれでもまだ高いです。

リース後に車をもらいたい場合はオリックスがおすすめですがそうでない場合は残価設定がある業者を選んだ方がよさそうですね。

コスモ

ランドクルーザーは料金が高くなりすぎてしまうため問い合わせからの見積もりが必要になっています。

残価設定がある分オリックスよりは安い料金でリースできると思うので興味がある方は問い合わせてみるといいでしょう。

プラドの方は7年契約だけを見ると最もお得にリースできるようになっています。

メンテナンスパックを付けることもできますし、安くリースしたいなら一番おすすめの業者ですね。

ただし車がほしい場合は残価の精算を行う必要があるので、車がほしいならオリックスを利用したほうがいいでしょう。

カルモ

カルモでは高級車になるとメンテナンスプランがつけられなくなります。

一見すると料金が安いように見えますがメンテナンス無しのプランなので、運用しようと思ったらメンテナンス費が追加で必要になります。

具体的に言うと車検やオイル交換・消耗品の交換といった費用ですね。

そのため長期契約をするならオリックスやコスモを利用したほうがいいでしょう。

料金を見てみるとなぜか7年契約よりも5年契約の方が安くなっていますね。

考えられる理由としては5年目に発生する車検や税金などが高いということなのでしょう。

またこの年を境に中古車価格も下がりやすくなっているのかもしれませんね。

カルモの最大の特徴は1年から契約することができる点です。

1年契約ならメンテナンスも不要になるので新車の短期リースには向いているといえます。

ただし1年リースになると月々の負担がかなり大きなものになるので利用する場合はその点を十分理解しておきましょう。

大手以外の業者だと地元に密着型の業者なんかも見つかると思います。

中には中古車だけを扱っているところもありますし、地元密着ならではの強みを持ったところもあります。

大手リース会社のプランがしっくりこない場合は住んでいる地域のカーリース業者を探してみてもいいかもしれませんね。

全国展開しているおすすめ業者

オリックス自動車

カーリースのシェアNo.1の大手リース会社!全メーカー・全車種に対応しており、個人でも法人でも自由に車を選ぶことができます。残価設定がないためシンプルでわかりやすく、契約満了時には車をもらうこともできるようになっています。楽天の公式ショップから利用することで特別な特典を受けることもできるようになっています。カーリースを検討しているなら必ずチェックしておきましょう。

コスモスマートビークル

コスモ石油が提供するカーリースサービス「スマートビークル」!コスモ石油が徹底サポートしてくれるため車のことがよく分からない女性の方やシニアの方に特に人気があります。全メーカー・全車種に対応しているため希望の車が必ず見つかります。さらに業界初!ガソリン代最大5円/リットル割引サービスも実施中。

マイカー賃貸カルモ

カルモはオリックス自動車と提携しているため全国どこでも利用することができるようになっています。スマホから申し込みができる手軽さがあり、カーリースには珍しく1年~11年まで好きな期間で契約することができます。新車に乗りたいけど契約期間は短くしたいという方におすすめのカーリースです。

-料金・見積もり関連
-,

Copyright© カーリースのメリットとデメリットから知る裏事情 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.