料金・見積もり関連

カーリースの2年契約と中古車購入はどちらがお得?

更新日:




カーリースの2年契約と中古車購入はどちらが得なのか調べていきたいと思います。

単身赴任や転勤などで短期間だけ車が必要になるということも珍しくないと思います。

少し前までなら車を購入するかレンタカーを利用するしか選択肢はありませんでしたが、今ならカーリースという選択肢もあります。

カーリースなら必要な期間だけ使用してあとは返却すればいいので非常に楽ですよね。

ただ中古車を購入するよりも本当にカーリースの方が安いのか不安に思っている方は多いでしょう。

そこでここではどちらが得なのかを詳しくみていきたいと思います。

そもそも2年契約できるカーリース業者はあるの?

基本的にカーリースは長期契約が一般的となっており短い期間のリースに対応しているところはあまりありません。

一部の中古車専門のリースをこなっているところは短期リースにも対応しているので興味があればそちらもご覧になるといいでしょう。

【最短1ヶ月】短期契約できるカーリース業者一覧

最短1ヶ月から利用することができる短期カーリースを提供している業者を一覧にして紹介していきたいと思います。 一般的なカーリースサービスは短くても1年、普通は3年~9年間が契約期間になっていることが多い ...

上記で紹介している業者を利用すれば最短1ヶ月からリースすることができるので2年間という短い期間でも十分対応することができるでしょう。

ただし中古車リースは店舗にある在庫からリースを行うので希望の車種が手に入ることはかなりまれです。

なので乗りたい車がある場合は新車を取り扱ってるリース業者を利用する必要があります。

大手の中で2年間のリース契約に対応しているのは「マイカー賃貸カルモ」という新規参入組のリース会社になります。

後は5年契約ですが2年使用すればそこからは自由に返却することができるようになるオリックスのいまのりくんというプランもおすすめです。

中古車を購入した場合のコスト

リースと比較するためまずは中古車を購入した場合のコストについて考えていきましょう。

今回は少しでもコストを抑えるためにホンダのN-BOXという軽自動車で考えていきたいと思います。

中古車市場でN-BOXを検索してみると安いものでは30万円ぐらいから出品されていました。

ただし安い車は走行距離が20万kmを超えているものもあり個人的には10万kmを超えていると不安なのでそれらは除外して考えました。

10万km未満になるのはだいたい50万円前後ぐらいの価格で出品されているものだったので、今回は購入費用を50万円だと仮定します。

中古車によっては車検がついているものとそうでないものがあるのでできればついているものを選びたいですね。

2年後は車が必要なくなるので売却するとしますが、中古車なのでそこまで高値で売れないと思われます。

今回は2万円で売れたとしてコストとしては2年で48万円、1ヶ月あたり約2万円だったと考えます。

この中には本体代金以外にも税金など公道を走るために必要な手続き費用も含まれているとします。

カーリースで2年契約した場合のコスト

カーリースではカルモの2年契約プランとオリックスの5年契約プランで考えていきたいと思います。

オリックスのいまのりくんという5年契約プランではN-BOXの最もグレードの低いものをリースすると28,512円/月という見積もり結果になりました。

この料金にはカーナビやETCが含まれていないので必要な場合はさらに高くなります。

カルモの場合は2年契約でメンテナンスパックもなしにして装備もすべて外した状態で43,740円/月という見積もり結果になりました。

やはり短期契約できる代わりに月々の負担が大きくなっていますね。

リースと中古車購入はどちらがお得?

中古車を購入した場合はどこまで費用が含まれているのかをきちんと把握しておく必要がありますが、ネットの大手を使用すると最近は本体価格と支払総額が別になっていることが多いです。

支払総額とは公道を走るために必要な手続きや費用を含めた料金のことで、自賠責保険料、自動車重量税、自動車税、自動車取得税、法定預かり費用(検査登録印紙代、車庫証明申請証紙等)、リサイクル預託金相当額(リサイクル預託金相当額を車両本体価格に含めている場合を除く)、登録等に伴う費用(検査・登録手続代行費用、車庫証明手続代行費用などが含まれています。

これは業者や車種によっても異なるので購入する前にきちんと確認しておきましょうね。

上記で紹介した中古車購入費用はこれらが含まれているものなので、若干の誤差はあってもだいたい月2万円で乗ることができると思います。

ただし中古車を購入する場合は手続きが面倒で売却するとなるとさらに手間がかかります。

時間に余裕がある人はいいと思いますがそうでない人は中古車購入にはあまり向いていないですね。

一方、カーリースの場合はオリックスで28,512円/月という料金となっていましたが、この料金にはメンテナンス費用などもすべて含まれているのであとから大きな出費を要求されるということはありません。

また手続きも非常に簡単でネットで注文して納車されるのを待って、契約満了になれば車を返却して終わりです。

中古車購入に比べると圧倒的に手間がかかりません。

そのため少し費用が高くてもカーリースの方がいいという方も多いと思います。

どちらを選ぶかは人それぞれだと思いますが、どちらの方法を選んでも一長一短であることは理解しておきましょう。

また中古車の価格は安定していないため時期によってはカーリースの方が安くなることもあると思いますよ。

まとめ

ケースバイケースですが、中古車を購入するのとカーリースを利用するのでは中古車購入の方が料金を安く抑えられる可能性が高いです。

ただし中古車の購入と売却に手間がかかりますし、リースでは新車に乗れることを考えるとリースを選択するメリットは大きいように思います。

最近では1ヶ月から利用することができる短期リースもありますが、在庫状況に左右されるため個人的にはあまりお勧めはしていません。

2年だけリースを利用したいと思っている方はオリックスの5年契約プランがおすすめなのでぜひ検討してみてください。

全国展開しているおすすめ業者

オリックス自動車

カーリースのシェアNo.1の大手リース会社!全メーカー・全車種に対応しており、個人でも法人でも自由に車を選ぶことができます。残価設定がないためシンプルでわかりやすく、契約満了時には車をもらうこともできるようになっています。楽天の公式ショップから利用することで特別な特典を受けることもできるようになっています。カーリースを検討しているなら必ずチェックしておきましょう。

コスモスマートビークル

コスモ石油が提供するカーリースサービス「スマートビークル」!コスモ石油が徹底サポートしてくれるため車のことがよく分からない女性の方やシニアの方に特に人気があります。全メーカー・全車種に対応しているため希望の車が必ず見つかります。さらに業界初!ガソリン代最大5円/リットル割引サービスも実施中。

マイカー賃貸カルモ

カルモはオリックス自動車と提携しているため全国どこでも利用することができるようになっています。スマホから申し込みができる手軽さがあり、カーリースには珍しく1年~11年まで好きな期間で契約することができます。新車に乗りたいけど契約期間は短くしたいという方におすすめのカーリースです。

-料金・見積もり関連
-, ,

Copyright© カーリースのメリットとデメリットから知る裏事情 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.