料金・見積もり関連

ボルボをリースするなら正規ディーラーがおすすめ

更新日:




ボルボをリースするなら正規ディーラーがおすすめです。

今では外車の正規ディーラーを見ることも珍しくなくなってきていますが、実際に利用したことがあるという方はごくわずかだと思います。

ベンツやらBMWやらアウディやらボルボやら乗ってみたい気持ちはあるんですけど、経済的なことを考えるとそこまでして乗りたいとは思わないんですよね。

でもでもお得に利用できるならもちろん乗ってみたいとは思います。

ここではそんな要望をかなえるボルボのリースについてお伝えしていきたいと思います。

2つのリースプラン

ボルボのリースを行うなら正規ディーラーがおすすめです。

そもそも外車なので取り扱っている業者が少ないということもありますが、こういった外車は正規ディーラーでリースしたほうがサービスも充実していてお得なことが多いからです。

ボルボも例外ではなく、公式サイトを見てみると2つのリースプランが用意されていました。

SMAVO

SMAVO(スマボ)とはスマートにボルボに乗れる定額プランのことです。

契約期間は5年となっていますが、3年間利用すると車検代程度(20万円前後)の金額を負担することで次年度から新車に乗り換えることができるようになっています。

あるいは4年間利用すると負担金なしで新車に乗り換えることができます。

5年間の満期まで利用してもいいですが、契約プランには4年目以降のメンテナンスが含まれていないことから新車に乗り換えたほうがお得になると考えられます。

上記にあるように5年契約で月々の支払金額が57,700円となっています。

公式サイトにはSMAVOの定額プランについて以下のように記載してあります。

【おまとめ定額プラン「スマボ」】

  • 掲載のお支払い例は月間走行距離750kmの場合の参考例となります。
  • 走行距離によりお客様に超過精算金が発生する場合があります。
  • 初回のみ2回分のご請求となります。
  • お支払い例にはリース期間分の自動車取得税、自動車税、消費税、登録時の自動車重量税と自賠責保険料が含まれております。任意保険の費用は含まれておりません。
  • 3年、4年乗り換え時のお客様請求額についてはスマボ乗換特約確認書の条件を満たす場合に限ります。
  • スマボには車検で掛かる法定費用(自動車重量税、自賠責保険料、印紙代)と整備費用、4年目以降のメンテナンスサービスは含まれておりません。
  • お支払い例は、頭金やボーナス月払いが含まれておりませんが、これらを含めた金額でのお支払いも可能となっております。
  • スマボは36回または48回以降で乗り換え可能な特約付き個人向け5年リースプログラムの愛称です。
  • 自動車に関する税金・税率の変更があった場合、月々のお支払い額が変わる可能性があります。
  • 提携ファイナンス会社:ボルボ・カー・ファイナンス
  • 対象モデルや条件など、詳しくはボルボ・ディーラーにお問い合わせください。

ここにあるように任意保険の料金は含まれていないので実際にリースする場合はもう少し費用を負担することになります。

任意保険はディーラーで加入することもできますし自分で加入することもできます。

ディーラーで加入する場合はリース料金に任意保険料も含めることができるようになっています。

ディーラーで取り扱っている保険会社は「東京海上火災保険」「損保ジャパン日本興亜」「三井住友海上火災保険」のいずれかになります。

また車検の費用についても含まれていないため車検時には自分で負担する必要があります。

つまり3年利用しても新車に乗り換えても4年利用して乗り換えても車検費用を負担する必要があるということですね。

上記では走行距離が750kmとなっていますがおそらくこれは変更できると思います。

利用する場合は月々のリース料金に加えて車検費用を考慮するようにしてください。

あん新SMAVO

あん新SMAVOはSMAVOよりもさらに短いスパンで新車に乗り換えることができる3年契約プランです。

2年間利用すれば車検費用代程度を負担することで新車に乗り換えることができるようになっています。

常に最新車種に乗りたいと思っている方におすすめのリースプランです。

あん新SMAVOの詳細については以下の通りです。

【おまとめ定額プラン「あん新スマボ」】

  • 掲載のお支払い例は月間走行距離750kmの場合の参考例となります。
  • 走行距離によりお客様に超過精算金が発生する場合があります。
  • 初回のみ2回分のご請求となります。
  • お支払い例にはリース期間分の自動車取得税、自動車税、消費税、登録時の自動車重量税と自賠責保険料が含まれております。
  • 2年乗り換え時のお客様請求額についてはスマボ乗換特約確認書の条件を満たす場合に限ります。
  • お支払い例は、頭金やボーナス月払いが含まれておりませんが、これらを含めた金額でのお支払いも可能となっております。
  • あん新スマボは24回以降で乗り換え可能な特約付き個人向け3年リースプログラムの愛称です。
  • 自動車に関する税金・税率の変更があった場合、月々のお支払い額が変わる可能性があります。

契約期間が短い分SMAVOよりも月々の使用料が高くなっていますね。

よほど経済的に余裕がないと乗り続けるのは難しいでしょう。

VOLVO交通傷害保険付ファイナンス


SMAVOあるいはあん新SMAVOを利用するとVOLVO交通傷害保険付ファイナンスが無料で付帯されることになります。

保証される内容は次の通りです。

  • 「交通事故」「交通乗用具の火災」によるケガの補償
  • ケガによる入院・通院は、1日目から補償。
  • 国内、国外を問わず補償。
  • ケガの補償は、他の保険や損害賠償金等は関係なく、保険金をお支払い。

自動車保険に加えてさらに手厚く補償してくれるので利用者には非常にありがたいですね。

補償金額など詳細は以下のページにまとめてあるのでそちらも参考にしてください。

ディーラー検索

ボルボの正規ディーラーは全国に123店舗あります(2019年10月8日時点)。

1つの県に平均で3店舗はある計算になりますね。

住んでいる地域に正規ディーラーがあるかどうかは公式サイトの以下のページから確認してみてください。

まとめ

ボルボをリースするなら正規ディーラーを利用するのが最も賢い選択だと思われます。

正規ディーラーには4年目から新車に乗り換えることができる5年リースプランSMAVOと3年目から新車に乗り換えることができる3年リースプランのあん新SMAVOの2つが用意されています。

どちらを利用してもサービス内容はほとんど変わらないので、ライフスタイルに合ったリースプランを利用するのがいいでしょう。

利用料金もそれなりに高いですし、リースプランには車検費用など含まれていないものもあるので契約の際にはきちんと内容を理解しておくことが重要です。

利用年数次第では新車に乗り換える際にもまとまったお金が必要になるので十分理解したうえで契約してくださいね。

全国展開しているおすすめ業者

オリックス自動車

カーリースのシェアNo.1の大手リース会社!全メーカー・全車種に対応しており、個人でも法人でも自由に車を選ぶことができます。残価設定がないためシンプルでわかりやすく、契約満了時には車をもらうこともできるようになっています。楽天の公式ショップから利用することで特別な特典を受けることもできるようになっています。カーリースを検討しているなら必ずチェックしておきましょう。

コスモスマートビークル

コスモ石油が提供するカーリースサービス「スマートビークル」!コスモ石油が徹底サポートしてくれるため車のことがよく分からない女性の方やシニアの方に特に人気があります。全メーカー・全車種に対応しているため希望の車が必ず見つかります。さらに業界初!ガソリン代最大5円/リットル割引サービスも実施中。

マイカー賃貸カルモ

カルモはオリックス自動車と提携しているため全国どこでも利用することができるようになっています。スマホから申し込みができる手軽さがあり、カーリースには珍しく1年~11年まで好きな期間で契約することができます。新車に乗りたいけど契約期間は短くしたいという方におすすめのカーリースです。

-料金・見積もり関連
-, ,

Copyright© カーリースのメリットとデメリットから知る裏事情 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.